【危険?】50代までに結婚しない女性はどうなるのか?【原因とリスク】

50代の女性が結婚しない場合のデメリットと結婚しない原因(できない)について、この記事では話していこうと思います。

女性の社会進出が結婚率を下げている?

女性の社会進出も大幅に増えてきたため女性がプライベートに使う時間が減り、

さらに女性は仕事ができるという成功体験から男性に頼らず生きていこうと思う女性も増加しており、結果として女性が結婚する年齢も徐々に高年齢化しています。

 

 

もちろん、手に職をつけている場合や、自分のキャリアに傷が付いてしまう恐れのある場合には、結婚自体が遠のいてしまうということもあるでしょう。

 

例えば50代でまだ結婚しない女性の方もおられます。結婚することが良いことというわけではありませんし、幸せとは10人いたら10通りあるものだと思います。

 

しかし、こういった場合には、リスクなどはどれぐらいあるのでしょうか。

 

「婚活」という言葉が流行するぐらい、今の社会では異性と出会うことすらもままなりませんし、結婚することも望んでいても環境的に不可能な場合もあるでしょう。

 

この記事では、結婚しないデメリットや結婚に辿り着けない原因などを掲載していきます。

 

晩婚化が進む原因に親も関係してる?

年々晩婚化が進んでいる理由の一つに「親」という形式にトラウマがあるという場合も多いです。

 

家族間の人間関係というのは非常に辛い部分も多々あります。

 

 

例えば、父親と母親の喧嘩が絶えなかったり、そもそも離婚してしまったり、子供のあなたに対して暴力をふるっていたり、妻にDVをしていたりと悪いイメージがトラウマになっているケースは思っている以上にあり、親のそういった行為を見て育ったために自分が家族を持った時に、妻や子供に暴力をふるってしまう事件が後を絶ちません。

 

幼少期からこういった家族間のトラブルなども見続けていると、自然と結婚をしたくないと思う事も多いと思います。

ですが、親と同じ性格や因子を誰もが持っているわけではありません。

 

必ずしも、今までの家族のような悪い関係を自分が形成してしまうとは限りませんので、程よい間隔でコミュニケーションがとれる異性がいれば、結婚を躊躇する必要はないと感じられます。

 

資産があっても家族が居ないと不安もある

50代までに結婚しなかった女性は、もちろん家族に振り回される煩わしさなども感じる事はないかもしれません。

 

ですが将来、病院に入院する場合などには家族に手続きしてもらう必要性があります。さらに、病院や介護施設などに入所したい場合にも必ず保証人が要ります

 

保証人がいない場合などには入所を断られる場合もありますので、ある程度の「お金」や「資産」を持っているからといって、必ずしも老後安心できるというわけでもありません。

 

家族には迷惑をかけても良い

「保証人のいなければいけない状況」にも家族の支えというのは必要です。家族を形成していく上では、手間のかかる事は多くお互いに家族には日ごろから迷惑をかけてしまうかもしれません。

 

しかし、いざという時には必ず支え合えるのもまた家族です。

 

結婚しない選択肢は簡単だが年々結婚するハードルは高くなる

50代まで女性が結婚しないことはいくらでもできます。ですが、この年齢になっていざ健康面で不安を感じたり、家族の居ない事に寂しさを感じても、パートナーを探すことはそれほど簡単ではありません。

 

 

この年齢になると妊娠できない可能性も非常に高まりますし、男性もできれば子供を作る事を考えるでしょうし、結婚をする場合の条件になる事もあります。

 

世の中の未婚率を見ても結婚を早めに考えるのは重要

国勢調査では30歳の約半分が10年後も未婚のままという統計もあります。

 

40歳を過ぎれば、その後の5年間で結婚できる人は1%しかいないという数字も挙がっています。女性の晩婚化も進んではいますが、反対に結婚適齢期を過ぎると大幅に異性から求められること自体が減る現象も見られています。

 

まとめ

このような統計からいっても、50代で結婚しようと思ってもその幅が狭くなるのは確実です。

 

年齢的にもプライドも高くなり、余計に婚活も困難を極めます。

ですから、少なくとも30代から、婚活を始めるのであれば対策をすべきでしょう。

 

コスパの良い結婚相談所ランキング

 

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら