35歳を過ぎた女性が結婚する場合、相手の男性は慎重に選んだ方が良い?【理由】

35歳以上の女性は結婚を諦めなければいけないの?

悩む35歳女性

 

女性の結婚適齢期は、25歳から30歳前後と言われています。

 

35歳ともなると、女性は結婚を諦めてしまう女性も大勢いますが、それは勿体ないと言わせてください。 私は以前、結婚相談所でマッチングカウンセラーをやっていました

 

その立場から35歳の女性が結婚するしないについて話させてください。

 

    結婚相談所を利用する女性を見ていて感じたことですが、女性は男性よりも現実的に物事を捉えることができていました。 特に35歳ともなれば、現実面で男性をサポートすることができます。そういった女性が多かったです。

 

  そして35歳を過ぎた女性は、多くのことを知っていて、包容力もあり男性の悩みを共に解決する手助けをしてあげることもできます。

 

    そんな女性が男性と結婚できないのは、本当に勿体ないことだと思いますし、出会いさえあれば、好意を持つ男性も多いのも経験上、また事実なんです。  

 

 

「結婚はできる」でもそれ以上に気を付けないといけないことって?

女性結婚慎重

 

ただし、出会うことができた男性によって、今後の人生が決まると言っても過言ではありません。 慎重に選びすぎてはいけませんが、なんとなくで決めて良いことでもないのは確かです。

 

なので、まずは焦らず。最低限、お相手の男性の年収借金の有無くらいは知っておくことが重要となってきます。

 

  結婚はままごとではありませんので、いまさら好きとか、惚れただけでは老後まで満足のいく結婚をすることはなかなか難しいです。

 

結婚すれば、家族間での付き合いも出てきますし、相手の家族構成を気にする必要もあります。  

 

 

結婚は面倒な物?ただしメリットがバカにならない

結婚メリット

ここまで聞くと「少し面倒くさい」と思ってしまうかもしれませんが、結婚はやっぱり面倒くさい物です。 でも、少しの面倒くささを飲み込むことで、生涯のパートーナーや、自分の子供に出会うことができます。

 

  こんなに嬉しいことは人生の中で、そうそうお目に掛かれることではないんです。 自分の理解者を一人でも多く増やすことは、豊かな人生を送る上で、必須とも言える行いです。

 

  結婚において、男性の年収は重要なファクターですが、それ以上に重要なのが、男性があなたのことを理解してくれてるかどうかです。

 

  年収が多少寂しかったら、女性も共に働いてあげれば良いだけのことです。 もし、あなたことを真に理解してくれる人が現れたら、少しマイナス要素があったとしても、目を瞑ってあげるのも今よりもより良い生活のために重要なことですね。

 

  目を瞑ってあげると言うのは、自分の思う全てを男性が叶えてくれると思ってしまう場合の表現なので、 しっかりと男性と共に歩んでいくという意識をちゃんと持っているのであれば何も悩む必要はないんです。  

 

 

完璧を求めないこと!

完璧求めない

 

×「男性の見た目がほとんど自分の思い通りにタイプの人であったほしい。」

×「90パーセント、自分の好みの通りに動いてくれる男性がいい。例えば家事とか掃除とか」

×「私の夫は自分の思う年収以上が当たり前であったほしい」

 

  とこのように全て都合良く考え出すと、なかなか相手の男性は見つかりません。

 

 

   60パーセント。いや、50パーセントでも自分に合う部分があれば、それはもう結婚する上で「御の字」なんです。

  そもそも100パーセント近く自分と合う人と出会うということは男性、女性に関係なく不可能に近いでしょう。

 

  いくら出会う方法がインターネットを使って出会いの数を増やすことができるとは言っても、限界がありますし、一緒に暮らしていれば「実はここが違った!」と思い知るはめになります。

 

  私が結婚相談所のカウンセラーをやっていて、完璧に自分の価値観に合うパートナーを見つけたカップルは8年間やってきた中で存在しませんでした。私の友達の場合にも、そんな話は聞いたことがありません。

 

8年間見たことがなく、お客さんの知人でもそういった話を聞いたことがないとすれば、 果たして100パーセント自分の思い通りに完璧に合った男性と出会って結婚することは可能なのでしょうか? そして、それを10年、20年も待ち続けるのに耐えられるのでしょうか?

 

やはり、現実として、 価値観が5割合っていれば御の字。それ以上は必ず自分と違ってくる。 そう思った方が0パーセントに近い可能性を信じて待つよりも確実に幸せになれると思うのです。

 

  「お互い違う部分が5割ある」 それも一つの味だと思うのもいいのではないでしょうか?  

 

 

結婚も一つの趣味だと考えてみる

  「みんな違ってみんな良い」 という言葉がありますが、結婚に関して言えば違いが多少あった方が自分の趣味の範囲も広がっていく可能性があります。

 

「違う=悪いこと」と思う必要も、またないと筆者は思うのです。

  全く同じ趣味、思考だと暮らしていて途中で飽きてしまうことも多いと思います。

 

趣味結婚35歳

 

  「違いを楽しむ。」

そんな意気込みで出会いを求めていけば、絶対に今のあなたが予期していなかった自分に見合う人が見つかると思いますよ。 諦めず、アンテナも張り巡らすことがまずは第一歩です。

ただし、同時にがっつき過ぎないように気を付けましょう!

 

    この筆者が興味を示している結婚相談所の記事はこちら

  ・ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談に行ってみた結果【体験談・口コミ・評判】    

 

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら