30代女性が選ぶべきでない結婚相手の男性の職業や条件4つ

結婚への憧れ

結婚はいくつになっても女性の憧れですよね。素敵な奥さんになること、優しいお母さんになる事、働きながらも夫と協力して作っていく家庭。たくさんの女性が一度は想像したことがあるのではないでしょうか。
最近では20代を仕事と趣味など自分のためにささげ、30代に入り「結婚」と言う新しい人生のステージにチャレンジしようとしている女性は多いと聞きます。そのような人生の経験を積んできた女性が、今まで自分の築き上げてきた仕事のキャリアを崩さず幸せな結婚を送る為に選んではいけない夫となる男性の職業について考えてみたいと思います。

 

【1】外国人

外国人と一言で言っても様々な国、タイプの人がいるわけですが、問題は言葉・習慣でとても苦労する点にあります。特に仕事で日本に住みついているタイプの方々は日本語が得意とは言い難い上に、日本に興味はあれど日本好きとは限らず、一生日本に住みたいと思っている方は非常に少ないです。女性側が外国語が流暢だったり留学経験があれば話は別ですが、一般の日本人女性には大変な相手です。

 

【2】医者

お医者様は収入も多く、結婚後も苦労は少ないと想像する方もいるかもしれませんが、勤務医と言われる開業医以外のお医者様の収入は一般の会社員の収入と大きく変わらない上に、厳しい勤務をこなしています。夫は常に忙しので、自分が仕事を辞めて夫不在の家を守るつもりのある方はいいかもしれませんが、そのような気持ちの無い方には難しいです。

 

【3】アルバイト

最近は不況の影響でアルバイトの仕事を続けている人や臨時職のような仕事をしている男性はたくさんいます。しかし、30代まで結婚を待った多くの女性たちは今まで仕事をバリバリこなしてきた方々だと思うので、男性に収入面で頼られるようになってしまうかもしれません。それでもお互い助け合って暮らしていければいいと思う方は別ですが、自分と同じレベル以上を求める方にとってはその点が今後のストレスになってしまう可能性があります。

 

【4】学生

先に述べたアルバイトをしている男性以上に学生さんは経済面で女性側に頼ることになります。先行投資と考える方にはいいと思いますが、男女間で環境が違いすぎることにより理解しにくいところも多く実際の所難しいことも多いです。

 

現実的な結婚相手とは・・・

今まで仕事をバリバリこなし、さあこれから新しいステージへ進もうかと考えている女性たちは実際の所あまり時間がないのが現実です。仕事が忙しすぎるゆえに相手を見つける時間がなかなか作れない・せっかく見つけた相手とも関係を深めていく時間の余裕がないという意味と子供がほしい場合に確実に妊娠出産を経験できるリミットが近づいてきているという意味です。その二つを解決するために婚活サイトや結婚相談所を賢く利用し有意義に婚活を行うことが現実的です。今回ご紹介した男性について参考にしてぜひ有意義で素敵な婚活をしてください。

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら