【彼氏なし】20代後半(27歳/28歳/29歳)の女性が結婚したい場合どうすべき?【現実問題】

20代と30代で結婚サポートサービスの料金が違うことが良くあります。

20代後半の女性が「お相手がいない状態」でそろそろ結婚したいと思った時、どうするべきなのか?ロマンや夢などを抜きにした現実問題に迫りたいと思います。

 

まずは現状認識からしていきましょう。

 

20代後半の女性の結婚観

結婚する年齢は、人によってさまざまです。

女性の結婚年齢は16歳以上ですが、高校を卒業後大学に進学をすると、大学卒業には22歳になっています。就職などをして社会人の経験(4、5年)を積んでから結婚となると、20代後半(27歳、28歳、29歳)になっています。

 
女の子にとっては、お母さんが身近な存在で、大きくなったらお嫁さんになりたいと夢を見ています。将来は素敵な旦那様とかわいい子供に囲まれて、幸せな生活を送っていることを想像していても何もおかしくないと思います。

 
結婚を現実の生活として考え始めるのが、学校を卒業して就職してからになります。親もそろそろ娘の結婚を心配します。彼氏との結婚、結婚相手探しなど、婚活が始まります。

 

高卒や短大卒の方は、社会人になるのが早く、その分結婚に対する思いが早くなります。

 

全体的にみると最初の結婚のピークは23歳ごろにやってきます。一度落ち着いて二度目のピークは、20代後半になります。このピークは多くの女性にとってとても大きなものです。

 

そのため、女性の多くが20代後半で4割結婚しています。

女性の4割近くが20代後半で結婚

 

晩婚と言われている現在では、未婚の女性が増えています。

 

しかし、1番結婚年齢が多い年代は20代後半に集中しています。3から4割の女性は、この時期に結婚をしており子育てや仕事などに奮闘しています。

 
女性も仕事を続けたいと考えている方が多くいます。結婚を考えた時に、仕事を続けていける環境を望みます。妊娠出産でブランクができても、子育てと仕事の両立をできる環境が整っていればできます。

 
子育てには体力もお金もかかるので、20代後半に結婚するのが理想です。少子化問題と言われる中、3人兄弟の家族も多いのが現状です。結婚をしてすぐに赤ちゃんに恵まれなくても、3人産める年齢でもあります。

 
20代後半は、就職をして結婚資金をためて結婚をし、3人子供を産んで子育てしながら仕事をすることで、自分のことも家族のことも大切にできる年齢です。

 

20代後半のうちに結婚しないとどうなってしまう?

今や結婚しない「おひとりさま」と呼ばれる結婚しないで一人でいきていくような方々もありますし、結婚適齢期というのはどんどん遅くなってきている感がありますが、それでもやはり20代後半ともなると結婚願望のある人にとっては「焦り」を感じだす方も多いです。

 
では、20代後半での結婚を逃すとどうなるのでしょうか。
主に結婚しなかった場合の今後何十年間続く生活面と、結婚した場合の子育て面で考えさせられる現実があります。

 

結婚しない場合の収入面の不安

結婚できずに生きていくということは収入等生活面での不安が残ります。

 
20代で結婚できず、その後結婚しないということになると、当然、自分の収入のみで生きていくことであり、よほどのキャリアがあったり、親から受け継いだ資産等がなければ将来の生活に対して不安を持たざるをえません。

 

いくら女性の社会進出が叫ばれていても女性一人で生きていくにはまだまだ大変な面があると思います。

 

まして年齢を重ねていくとこの不安はますます大きくなります。年金等社会保障に頼ることもできないでしょうから、将来設計が大変です。

 

結婚には適齢期があるが、子育てには「適齢期」がある

結婚はいくつになってもできるものかもしれません。

いくつになってもその年齢なりの恋や出会いもありそれもいいものかもしれません。

 

ただ、出産育児には適齢期があり、年齢的な限界も当然あります。

 

今は、妊娠や出産に関する医療も発達してきていますから子供を産むことはかなりの高齢までできます。しかし、それにしても確率は低くなり逆にリスクはどんどん高くなっていくということは避けることができません。

 

また、妊娠・出産を無事終えても今度はそこから約20年あまり続く子育てという大仕事が待っています。

 

小さいころは体力勝負ですし、大きくなると今度は経済面での苦労がたえません。このようなことを考えると早くに出産、育児を終える方が子育てに関してはいいでしょう。

 

 

 

男性への金銭依存がないようにしましょう。

デートなどに行くと、男性が払うケースが多いと思います。20代前半のように、仕事を初めたばかりで給料が少ない場合は、男性にまかせることも、頼られて嬉しいとなることもあると思います。

 
しかし20代後半となると、20代前半よりは豊かになると思いますし、男性もそう感じているでしょう。

 
男性は見栄をはる人が多くいます。本当は少しは出して欲しくても中々言い出せないものです。
細かく分ける必要はないですが、「前回は出してくれたから、今回は私が出すね」とか「映画代は出すよ」などの提案をされるとよいでしょう。そうすると男性側としても、「金銭感覚がちゃんとしているな」とか、「気配りできるな」などとプラスになることが多くなります。

 
もし、男性が拒んだら、1、2回は出すよ。と言いましょう。それでも拒んだら最大限の感謝をしましょう。

無理に払おうとしても、男性のプライドに傷をつけることもあります。

 

 

いつも「見られてる」意識をしましょう

いざ結婚を意識すると、男女共がお互いに細かいところまで気にするようになると思います。
女性の場合は特に、化粧をします。

 
男性も全ての人が容姿だけで見たりはしないと思いますが、慣れて来たから、お付き合いも長いからなどといって、手を抜くことはやめましょう。

 
こんなもので大丈夫か。としてしまうと、仮に男性がサプライズでプロポーズをしようと準備してきても、男性側の気持ちが萎えて、チャンスを逃すこともあるかも知れません。

 
また今は特定の男性がいなくても、どこでどんな出会いがあるかは分かりません。

 
きちんとしていない時よりも、結婚に繋がる出会いがある可能性は高くなると思いませんか?
特に繁華街に行く時は、「見られてる」くらいを意識して、バッチリ決めていきましょう。

 
その分、いらないナンパとかに会うかも知れませんが、それは貴方が魅力的だからです。
いつも気を抜かないようにしましょう。

 

 

 

20代(27歳、28歳、29歳)の方がチャンスが広がる

20代前半の女性だとまだ結婚相談所を利用するのは早いと言うイメージが強いです。
しかし20代後半(27歳、28歳、29歳)の女性だと、なるべく早めに婚活を開始したほうがチャンスが広がります。
それは20代の頃なら男性会員の方から積極的にお声がかかることが多いからです。
20代後半(27歳28歳29歳)のうちなら比較的理想が高くてもお相手が見つかる可能性が高くなります。
しかし、30代に入ると20代の頃と比べればやはり急に相手にしてくれる若い男性は減少することがあるのです。
少し理想を落とさないと中々お相手が見つからない可能性が出てきます。年齢をさらに上げればお相手となる男性はもちろんいらっしゃいます。
特に年収が高いなど一定以上の経済力を持つ男性会員との出会いを求めている女性はなるべく早めの行動が大切です。
合コンなどでもお相手探しは行えます。
20代のうちだと合コンにも積極的にお声がかかることが多いですが、合コンでは結婚まで考えていない男性も多く参加します。
身元もはっきりしないため安心した出会いは難しいです。
しかし、結婚相談所なら真剣に結婚を考えている男性会員のみと出会えます。
身元もはっきりしているため安心した出会いができるのが良いところです。

 

 

20代(27歳、28歳、29歳)の方が料金が安いことがある

結婚相談所に登録すると年会費や成婚料など多くの料金がかかると言うイメージが強いです。

 
しかし、結婚相談所によっては20代女性限定の料金プランがあるため、20代後半のうちに登録したほうが料金が安いと言うメリットがあります。

 
中には20代と30代の料金を比べると年間で10万円ほどの差があると言う結婚相談所もあります。
29歳と30歳という「1歳の違い」で年間10万円は結構大きいです。
さらに20代後半から登録したほうがお相手が早く見つかり易いため、月会費の節約にも繋がり易いです。
結婚相談所に登録する男性会員は30代後半から40代前半が多くなっています。
20代後半(27歳、28歳、29歳)の女性だと少し年齢が離れていますが、会員数の多い結婚相談所では近い年齢の男性会員でも見つけ易いです。

 

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら