「私ってもう結婚できない?」そんな不安を解消するための結婚・婚活情報メディアです。婚活サイトや結婚相談所の利用はどうなの?35歳40歳以上の女性への情報も盛りだくさん。実は男性の婚活にも活用できます

30代・女性が婚活していることを会社・友人に話すべきかどうなのか?

30歳以上の女性の婚期は遅くなっている

現代においては、女性がバリバリ会社で働くことは珍しくないことになりました。しかし、それとはうらはらに、女性の婚期はどんどん遅くなっています。もっと仕事に打ち込みたいという女性や、子育てと両立出来るか不安に思う女性がいるからです。

30歳以上・女性が婚活していると公言する件について

仕事に打ち込みたい女性もいる中、結婚したいという願望を持つ女性はもちろん存在しています。むしろいつの時代も女性にとって結婚は憧れですから、結婚に興味を持っている女性の方が多いでしょう。
多くの男性を紹介してもらうためにも、結婚願望のある女性たちは「婚活しています!」と公言するのも方法の1つです。

婚活していると公言した場合

では、婚活していると公言した場合について考えてみましょう。
婚活をしていると公言すれば、公言したあなたに既婚者の友人や両親が知り合いの男性を紹介してくれるかもしれません。今まで接したことのないタイプの男性が現れるかもしれませんね。
このように新しい縁が出来ることは間違いないと思います。結婚を希望する男性たちからあなたは確実に興味を持たれるでしょう。

公言することのリスク

しかし、待って欲しいのです。男性の殆どはあなたの年齢を重視しています。子供が欲しい男性ならなおさらです。20代の女性が婚活を公言することは何となく可愛く思えますが、30代の女性が婚活を公言すると、あまりに必死になっていると思われてしまいます。そして男性たちは30代のあなたを避け、20代の女性に群がるということになります。

婚活していると公言しなかった場合

婚活をしているけれど公言しない場合は、友人や両親などのつてが使えないかもしれません。
しかし、婚活を公言してしまうと「あの人とはどうなったの?」などと詮索されることはありません。婚活というものはとてもデリケートです。友人や両親からの紹介では、必ず結果を友人や両親に伝えなければなりません。そのときの気恥ずかしさはとても辛いものです。それに、公言せずに自分だけが婚活をしていれば、周りの期待などを背負わずに済みます。

婚活を公言すべかどうかの結論

30代の女性は、自分が婚活をしていると公言することは精神的負担が大きいものだと考えます。周りからの期待に押し潰されたり、男性たちから引かれてしまうこともあるでしょう。しかし、公言せずに活動出来れば、例え婚活が長期戦になったとしても気持ちは楽です。従って、婚活していることを公言する必要は無いと言えます。

 

関連記事

最新記事一覧

管理人

スクリーンショット 2015-08-02 9.43.29

管理人=月子
年齢=現在39歳。結婚は36歳。

三十路を過ぎてから私もそろそろ結婚したいなと思うようになり、婚活サイトを利用して今の旦那と出会いました。

私のように三十路を過ぎてから結婚したい!
と思っても結婚相手がちゃんと見つけるにはどうしたらいいのか?といった情報を入手できるサイトがあまりなくて、だったら私が作れないかなと思って、この【晩婚のススメ】を運営し始めました。

現代の女性は昔ほど婚活サイトへの偏見はなくなってはいますが、それでもまだ婚活サイトの魅力を多くの女性は見落としている気がします。

若い人なら、婚活サイトを使わなくても出会いはあると思いますが、30代を過ぎてくると職場と家の往復で「出会い」なんてそうそうないですよね?もろ私がそうでした・・・。
寂しさのあまり帰り道に見かけた猫に話しかけたりなんてしょっちゅうでした><

それで結婚に絶望的になっちゃうんですが、婚活サイトは少ない労力で理想の男性を見つけられるので、やってみると分かる便利さがあります。私はブライダルネットで今の旦那と出会いましたから。

結婚相談所は確実に早く結婚したい場合には婚活サイトよりも有効です。私の友達M美が36歳の時に結婚相談所のおかげで素敵な男性と出会えたらしいです。
その時、利用したのがゼクシィ縁結びカウンターだったらしく、値段が高い=成婚率が高いわけではないんだなーと感じました。

実は私の父も結婚相談所を利用して結婚していますので、私にとってはとても身近な存在です。

しかし、父から話を聞いてみても感じるのですが、最近の結婚相談所は手頃な価格なのに、サービスも良い所が増えましたね。
もう昔とは違うなーって感じてます。

このサイトも婚活サイトや結婚相談所の体験談を募集していますので、一読してもらって利用してみるかどうするか参考になればうれしく思います!