女性が婚活してることを会社・友人に話すべき?

30歳以上の女性の婚期は遅くなっている

現代においては、女性がバリバリ会社で働くことは珍しくないことになりました。しかし、それとはうらはらに、女性の婚期はどんどん遅くなっています。もっと仕事に打ち込みたいという女性や、子育てと両立出来るか不安に思う女性がいるからです。

30歳以上・女性が婚活していると公言する件について

仕事に打ち込みたい女性もいる中、結婚したいという願望を持つ女性はもちろん存在しています。むしろいつの時代も女性にとって結婚は憧れですから、結婚に興味を持っている女性の方が多いでしょう。
多くの男性を紹介してもらうためにも、結婚願望のある女性たちは「婚活しています!」と公言するのも方法の1つです。

婚活していると公言した場合

では、婚活していると公言した場合について考えてみましょう。
婚活をしていると公言すれば、公言したあなたに既婚者の友人や両親が知り合いの男性を紹介してくれるかもしれません。今まで接したことのないタイプの男性が現れるかもしれませんね。
このように新しい縁が出来ることは間違いないと思います。結婚を希望する男性たちからあなたは確実に興味を持たれるでしょう。

公言することのリスク

しかし、待って欲しいのです。男性の殆どはあなたの年齢を重視しています。子供が欲しい男性ならなおさらです。20代の女性が婚活を公言することは何となく可愛く思えますが、30代の女性が婚活を公言すると、あまりに必死になっていると思われてしまいます。そして男性たちは30代のあなたを避け、20代の女性に群がるということになります。

婚活していると公言しなかった場合

婚活をしているけれど公言しない場合は、友人や両親などのつてが使えないかもしれません。
しかし、婚活を公言してしまうと「あの人とはどうなったの?」などと詮索されることはありません。婚活というものはとてもデリケートです。友人や両親からの紹介では、必ず結果を友人や両親に伝えなければなりません。そのときの気恥ずかしさはとても辛いものです。それに、公言せずに自分だけが婚活をしていれば、周りの期待などを背負わずに済みます。

婚活を公言すべかどうかの結論

30代の女性は、自分が婚活をしていると公言することは精神的負担が大きいものだと考えます。周りからの期待に押し潰されたり、男性たちから引かれてしまうこともあるでしょう。しかし、公言せずに活動出来れば、例え婚活が長期戦になったとしても気持ちは楽です。従って、婚活していることを公言する必要は無いと言えます。

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら