結婚情報誌「ゼクシィ」とかって本当に結婚に役に立つの?【結婚・婚活の不安】

結婚を意識したら気になる結婚情報誌

そろそろ結婚したいなぁ…と結婚を意識する女性やカップルなら一度は気になるもの…それが結婚情報誌です。CMでもお馴染みの「ゼクシィ」は特に有名ですね。
結婚、そして結婚式は人生の一大イベントですが、それだけにお金もかかるし初めてのこともいっぱいで、どうしたらいいのかわからないという人も多いでしょう。そんなときに「なんとなく頼りになりそう」と思えるのが結婚情報誌ではないでしょうか。

 

いったいどんなことが載ってるの?

結婚情報誌の見出しは毎回変わっていますが、基本的には地域別の結婚式場の情報と、婚約・結婚指輪、ウェディングドレスなどの衣装、その他結婚式にまつわる商品の広告が主です。インターネットでも情報は集められるけれど、幅広く情報を集めて比べたい人や、忙しくてそんなヒマが無いという人にはチェックしやすくなっています。

 

情報誌は買いたい時が買い時!

結婚式を挙げる上で気になってくるのが結婚式の費用です。何にいくら掛かるものなのか、雑誌で大々的に特集を組んでいる物もありますが、実は費用については特集号に限らずともだいたい毎号載っているんです。結婚式を挙げるために調べておきたい情報はだいたい毎号網羅されているので、結婚情報誌を買ったほうがいいかなと思ったらその時あるものをまず買ってみましょう。

 

意外と沢山出てる!結婚情報誌の数々

結婚情報誌は毎月出ているものもあれば季刊、半年に一冊、年刊とさまざまで、年間20種以上になることもあります。結婚式の情報を総合的に集めているものもあれば、海外挙式やレストランウェディング、和装婚などテーマに絞ったものや、地域を限定してより詳しい情報を載せているものもあります。
ELLE」「CLASSY」「VOGUE」など大手女性雑誌が増刊号として出しているものもあり、さまざまなコンセプトから自分に合った情報誌を探してみるのもいいでしょう。

 

結局、結婚情報誌ってどれがいいの?

そんなに沢山あると迷う…という人は、自分の結婚式のビジョンがどれくらい固まっているかで決めてみるといいかもしれません。結婚式ってどんなものかとりあえず幅広く情報を集めたいという人は「ゼクシィ」などの総合情報誌を。結婚式は絶対に海外で挙げたい!アットホームなレストランウェディングがいい…、と具体的なイメージがあったりこだわりがある人はテーマの絞られた特集号をチェックしていきましょう!

 

結婚情報誌はあくまで参考に

読んでみて参考になる部分は多い結婚情報誌ですが、雑誌の中の情報に流されすぎないように気をつけましょう。結婚式は夫婦になる二人の意見をお互いに尊重してはじめて良かったと思えるような式になります。雑誌をきっかけに二人のこだわりたいポイントを見つけて、二人だけのステキな結婚式を作り上げていってください。

 

婚活アイテムとしても使っちゃおう!

まだ結婚は先かなぁ…と思っている人やカップルが結婚情報誌をきっかけに結婚を決意という話もあります。というのも、かわいいウェディングドレスや結婚指輪の写真を見るだけでテンションが上がってきたり、結婚にまつわる詳しい情報が目に飛び込んで来れば、頭の中でなんとなく思い描いていたビジョンがより鮮明になって、お互いに結婚を意識しやすくなるのだとか。恋人への「あとひと押し」に一度買ってみるのもアリかもしれません。

 

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら