「私ってもう結婚できない?」そんな不安を解消するための結婚・婚活情報メディアです。婚活サイトや結婚相談所の利用はどうなの?35歳40歳以上の女性への情報も盛りだくさん。実は男性の婚活にも活用できます

結婚したくても義理の母や父とやっていけるか不安な場合の心構え

結婚は義理の両親が出来ること

結婚すれば、当然旦那様のご両親があなたの義理の両親になりますね。「舅姑」のことですが、この言葉はあまり響きが良くなく、煙たい印象がありますね。私自身もこの言葉は好きではないので一度も使ったことはなく、人と話す時は「主人の父」とかただ「父」と言っています。

この義理の両親のことを最初から煙たがらないのはもちろんですが、まずあまり緊張して接しないことです。

 

嫁は一歩下がってみる

実際息子にお嫁さんが来てくれることは、嬉しいことなのです。ただ、特にお義母さんとは女同士なので、つい気を遣い過ぎてこじれるパターンもあるようです。
ですから、あまり気を遣い過ぎず、でもあなたは嫁として一歩下がって付き合う事が大事です。

 

「本当の親だと思って接すると良い」というのはハッキリ言って理想論です。あなたがあちらのご両親に自分の親と接するように甘えや言いたいことをそのまま言ったらどうなるでしょう?

 

私の母は同居でしたが、「そこはお姑さんだと思って接しないと上手くいかない」と言っていましたし、仲良くなっても最低でもご両親は目上ですから、そこだけは忘れないようにしましょう。

 

挨拶はいつ?

男性は交際中も自宅に彼女を連れて行かない人が多いので、女性は2人が結婚を決めてからあちらのご両親と会う場合が多いでしょう。
誰でも緊張するものです。

挨拶は2人で相談して、ご両親と2人の都合の良い日にすれば良いと思います。
結婚することだけでなく、大体の日どりを決めておくとご両親も予定がわかって良いです。

 

初めて会う時は

まずスーツなどきちんとした格好で伺いましょう。スーツと言っても紺色等ではなく、色はカラフルで少し砕けた感じでも良いと思います。

初めてお会いするので緊張すると思いますが、言葉遣いに気を付ければ、後は自分を素直に出すことが大切です。無理に自分を作ると却って後が大変です。

 

特に忘れてはいけないのは「笑顔」です。
人間は相手が笑顔でいると好感を抱き、話もスムーズになります。
あちらのご両親もあなたに会えて嬉しく、優しく接して下さると思いますから、あなたも必要以上に畏まらず、にこやかにしているのがポイントです。

結婚してからは

結婚してからですが、別居の場合は月に最低一度は旦那様の実家へ遊びに行きましょう。
付かず離れずの関係がベストです。
また、あまり旦那様の実家を避けていると、不思議なことにどんどん行きたくないという気持ちになっていきます。

 

そのようにならないように、あまり合わない期間が長くならないように気を付けましょう。
それに、これはどのお嫁さんも言う事ですが、新婚の頃は旦那様の実家へ行く前は緊張したり、時には嫌だなと思っていても、帰りには「楽しかった~」と思うということです。

赤ちゃんが生まれたりしていけない時期はあると思いますが、そういう時は電話をしたり赤ちゃんの写真を送ったりして交流が途切れないようにしましょう。

 

旦那の悪口を言わない

一番気を付けるべきことは、あちらのご両親の悪口を旦那様に直接言わないことです。
やはり自分の実家とは何かに付けて違うので、あなたがイライラしたり、お義父さんやお義母さんの言葉に疑問を抱いたりしても、それを旦那様にぶつけるのは絶対やめましょう。

 

あなたも旦那様から実家のご両親のことを悪く言われたら嫌でしょう。それは旦那様も同じです。
もし、不満が溜まったら結婚している友達に愚痴るのが一番です。同じ立場ですから、「私もそうよ」と気持ちをわかってもらえますし、時には「そんなことは気にしないの」とか「それはあちらのお母さんがあなたのことを心配してくれている証拠じゃない」と、あなたが気付かなかった見方を教えてくれることもあります。

 

ただ、もしあちらのご両親とうまくいかない事や、自分としてはこうしたいというようなことがあったら、そういうことは旦那様に相談して、2人の考えをあちらに伝えるのは構いません。

旦那様にはあちらのご両親の良いことをまず言う事です。
それから、あなたがあちらのご両親のことを想ってしたことを報告する事。
これを聞けば旦那様もあなたに感謝する気持ちになります。

あなたがあちらのご両親に良くすれば、それは「感謝と愛」と言う形で旦那様から返ってきます。

 

大事なのは2人が幸せになること

 

結婚はまず2人が仲良く幸せになることが一番大事ですし、それをあなたのご両親もあちらのご両親も望んでいます。
ですから、義理の両親との仲を考えて結婚を躊躇するのは単なる取り越し苦労です。
何事も経験です。何か問題が起こっても愛する旦那様と2人で乗り越えて行くのが「結婚」というものです。

 

関連記事

最新記事一覧

管理人

スクリーンショット 2015-08-02 9.43.29

管理人=月子
年齢=現在39歳。結婚は36歳。

三十路を過ぎてから私もそろそろ結婚したいなと思うようになり、婚活サイトを利用して今の旦那と出会いました。

私のように三十路を過ぎてから結婚したい!
と思っても結婚相手がちゃんと見つけるにはどうしたらいいのか?といった情報を入手できるサイトがあまりなくて、だったら私が作れないかなと思って、この【晩婚のススメ】を運営し始めました。

現代の女性は昔ほど婚活サイトへの偏見はなくなってはいますが、それでもまだ婚活サイトの魅力を多くの女性は見落としている気がします。

若い人なら、婚活サイトを使わなくても出会いはあると思いますが、30代を過ぎてくると職場と家の往復で「出会い」なんてそうそうないですよね?もろ私がそうでした・・・。
寂しさのあまり帰り道に見かけた猫に話しかけたりなんてしょっちゅうでした><

それで結婚に絶望的になっちゃうんですが、婚活サイトは少ない労力で理想の男性を見つけられるので、やってみると分かる便利さがあります。私はブライダルネットで今の旦那と出会いましたから。

結婚相談所は確実に早く結婚したい場合には婚活サイトよりも有効です。私の友達M美が36歳の時に結婚相談所のおかげで素敵な男性と出会えたらしいです。
その時、利用したのがゼクシィ縁結びカウンターだったらしく、値段が高い=成婚率が高いわけではないんだなーと感じました。

実は私の父も結婚相談所を利用して結婚していますので、私にとってはとても身近な存在です。

しかし、父から話を聞いてみても感じるのですが、最近の結婚相談所は手頃な価格なのに、サービスも良い所が増えましたね。
もう昔とは違うなーって感じてます。

このサイトも婚活サイトや結婚相談所の体験談を募集していますので、一読してもらって利用してみるかどうするか参考になればうれしく思います!