【楽天オーネット】初期費用10万払って入会する価値はあった?【結婚相談所の口コミ・評判・体験談】

今回は、私が「楽天オーネットへ無料相談後に入会してみた体験談」をこちらに寄稿させて頂きます。

簡単な結論から言うと楽天オーネットで結婚することは無理でした。

でも、まずは「楽天オーネット」に入会しようと思ったその経緯から順番に話していきます。

 

この記事を読まれる場合は、あくまで「私一個人」としての感想だと捉えてください。

楽天オーネットは店舗数がもの凄く多いです。

そのためカウンセラーも必然的に沢山いることになるので、当たり外れはあるでしょう。

 

ですので、私の楽天オーネットの口コミや評判が全てではないと思います。でもイメージの足しにはできると思います。

この記事の目次(押すとそこへ飛べます)

30代になって私も「旦那」が欲しくなってきた

30代になり、女の自分もかなり結婚というのに焦りを覚えるようになってきました。

そのため、私がまず行ったのは結婚相談所ではなく、手軽に始められる「婚活サイト」と「婚活アプリ」に片っ端から登録してみました。

私が登録した婚活サイトと婚活アプリは以下の5つになります。

【1】ブライダルネット

【2】ユーブライド

【3】ゼクシィ恋結び

【4】ペアーズ

【5】Omiai

婚活サイトは、ツイッターやフェイスブックなどの「SNS」に近い感覚で始められるため、抵抗自体はそこまでありませんでした。

 

相手が書いていた日記に「いいね」をしたり、良さそうな男性とメッセージのやりとりを数十回ほどなどして、色々とやっていきました。

確かにネット婚活による確実な出会いは増えてはきました。

 

ただ、どうしても結婚につながるような「良き出会い」は、見つけられずにいました。

 

そんな時、友人が偶然にも楽天オーネットという結婚相談所を通して、結婚相手を見つけたという話を耳にしたのが始まりでした。

楽天の名前が利用のきっかけ

私自身も元々かなりの楽天ヘビーユーザーで、飲料水やクラフトボスコーヒーなど重くてかさばるものは、すぐ楽天で注文するほどでした。

買い物だけでじゃなくて楽天銀行口座を開設したり、楽天トラベルで旅行の予約をしたりと生活全般で使っていたので楽天には親近感があったのが良かったですね。

楽天オーネットのCMとかも見たこともあり、名前も知ってたのでそれらをきっかけに「楽天オーネット」に登録して利用し始めました。

無料相談会に出かけてみると50部屋も?

無料相談をやっているので、まずは話を聞かないことには始まりません。

楽天オーネットの店舗は並木通りのすぐ近くにあり、駅近でアクセスはよかったです。

>【関連記事】楽天オーネットの東京店舗(渋谷/新宿/池袋/銀座)へのアクセスは?他の結婚相談所と利便性を比較してみた話

受付に行くと、女性が数人並んでいましたが、どうも私と同じ雰囲気のお客さんがいるようでした。

黒いスーツに白いワイシャツを着たスタッフさんが対応に追われていました。

 

平日の午後だったので、もしかして私1人しかお客さんがいないのではないか?と思っていたので、安心しましたね。

奥に通されるとワンフロアを細かく仕切ったブースがありました。

 

おそらくですが、50部屋ぐらいはあったと思います。

窓際のブースに通され待っていると、初老の男性がいきなり現れました。

「楽天オーネットは、女性婚活カウンセラーだけでなく、男性もいるんだ……」と一瞬思った私ですが、勘違いでした。

彼は楽天オーネットの社長さんで、無料相談会に来た人に挨拶をしているようでした。

私の方にもわざわざ挨拶にきてくれたので、とても好印象に映りました。

私の担当の婚活カウンセラーは60代ぐらいの女性に

丁寧な挨拶を受けた後、婚活カウンセラーを紹介されました。

ちゃんと女性でした!

ですが、かなり見た目のインパクトの強い方で、ワンピースにつけまつげととってもおしゃれな60代ぐらいの方。

しかも、ゴットマザーのような頼りがいのある風貌!

いくつも結婚を成立させてきたような?そんな自信に満ち溢れているかのような雰囲気を纏っている気がしました。

無料相談では、楽天オーネットの説明と入会した場合、どんな活動をすることになるか詳しく教えてくれました。

 

時間は約2時間ほどです。まず最初に婚活カウンセラーに言われたのが、「楽天オーネットは、結婚という大学に入るための予備校だと思ってください」ということ。

 

「予備校なのであなたに合った勉強方法をいくつも用意しています。だから、楽天オーネットは結婚相談の会社で唯一『総合結婚相談所』と名乗ることができるんです」と言われました。

楽天オーネットには5つのシステムがあった

この説明で大きく分けると、5つの婚活システムがあることが分かりました。

 

<1つ目>データマッチング。

<2つ目>イントロGという相手の顔写真などから選ぶデータサイト。

<3つ目>年3000回以上行われているイベント。

<4つ目>専門的な検索ができるオーネットパス。

<5つ目>が「お見合い」

 

元々、私は楽天のヘビーユーザで楽天という会社自体には親近感があり、その傘下になったオーネットにも期待していました。

「結婚大学」という学校に入学するためのツールも、こんなに沢山あるんだなと関心しましたね。この場で入会を決定しようか悩みました。

しかし、一旦ちゃんと考えてみることにしました。

昔、新商品のミキサーが良さそうだったので、家電量販店の店員に説明を受けた際にその場で即決して購入してしまったことがありました。

そのミキサーは後々全く使わなくなったことを思い出したんです。

 

楽天オーネットも無料相談で即決定するのはやめるべきと判断し、今回はそれで切り上げました。

帰りの電車でスマホを取り出しながら、楽天オーネットで受けた説明を振り返ってメモしていたのですが、いくつか気になる点がありました。

まず料金ですね。

楽天オーネットの料金が高い気がする

 

結婚相談所といっても沢山あります。その中で料金が手頃で有名な「エン婚活エージェント(入会金も月会費も1万ちょっとで済む)」や「ゼクシィ縁結びカウンター(合計で1ヶ月4万くらい)」があるんですが、

 

それらと比べてみると楽天オーネットは初月で諸々の費用で合計10万前後します。

これは決して安いとは言えませんでした。

ただ、クラブオーツーやサンマリエなどの高級的な結婚相談所と比べたら、金額は良心的には感じます。

 

楽天オーネットの登録料が3万円、初期費用が7万6000円。

月会費が1万3900円。

登録料と初期費用のまとまったお金さえ払ってしまえば、あとは習い事を1つ増やしたぐらいの月会費だなと思えます。

とはいえ、「エン婚活エージェント」の場合は初期費用と1ヶ月利用したとしても5万円もいかないほど最安値である点や、次点で安い「ゼクシィ縁結びカウンター」と比べて見ても、

 

結婚に特化しているゼクシィのサービスを受けられる点とを比較すれば、初期費用などで10万円を超える「楽天オーネット」の金額はちょっと高いのかなと感じる部分がありました。

>【関連記事】エン婚活エージェントは入会したら何をするの?新型の結婚相談所の特徴

私は楽天サービスをよく利用する人間で、楽天のことは信用しているのですが、結婚に関しては別にして考えないといけないのかなと。

楽天オーネットの無料相談を終えて、電車で帰っている途中にメモしていたら冷静になりました。

 

それでも、私が楽天オーネットに入会したのには1つ最大の理由があります。

費用が高いのに楽天オーネットに入会した理由

一番契約の決定打になったのは、無料相談にやってきた私にもわざわざ社長さんが挨拶に来たその「丁寧さ」です。

これには驚きました。他の結婚相談所なら普通はそんなことしないと思います。

 

あとは、60代ぐらいの婚活カウンセラーの「包容力・知識の豊富さ」です。

 

その女性カウンセラーからは教えられたのは、「現在、日本には3000社近い結婚相談所があること」や、「大手10社それぞれの強みや弱味」を教えてくれたことです。

 

私は比較的アクティブな性格なのですが・・・

楽天オーネットに所属する人間が、オーネット以外の結婚相談所ならあなたはあそこも相性が良いのでは?

と紹介してくれた誠実さに感激しました。

 

結局のところ、他社まで紹介してくれる婚活カウンセラーの良心的なところに惹かれ、契約に至りました。

楽天オーネットに入会して最初にやること

楽天オーネットに入会してからまず、始めにおこなったのが、楽天オーネットに提出する資料の取り寄せです。

 

【1】大学を卒業したと分かる学歴証明書

【2】未婚を証明するための独身証明書

【3】月会費の口座振替の書類

【4】勤めている会社の源泉徴収票

 

これら4つを取り寄せる手伝いを婚活カウンセラーさんが手際よくしてくれました。

この点は、結婚相談所の最安値であるエン婚活エージェントだと電話での相談となるためカウンセラーと対面しながらのサポートは初期費用10万円に含まれているのだなと感じます。

>【関連記事】独身証明書の取得はどうやってやればいいの?市役所に出向かないとダメ?恥ずかしいんだけど・・・

その後、提携する写真館に写真を撮りに行きました。

こちらは、特別な補正や撮影枚数の超過など特別オプションをつけない限りは、初期費用の7万6000円の中に含まれた撮影料で写真を撮ることができます。

 

資料が届くのと写真が出来上がるまでは、婚活カウンセラーとの面談になります。

まず、初回の面談は、お相手探しに関することよりも、私自身にフォーカスをあてるのがメインでした。

確認したことは覚えている限り以下の4つです。

【1】私はどんな人間なのか?

【2】何が好きで何が苦手なのか?

【3】どういうポリシーを持っているのか?

【4】希望する男性の年収、学歴、身長など(希望条件)

こういった4つをはっきりさせていく面談でした。

 

その後、お相手の学歴、年収、身長などデータ的なものとともに、どういう性格の方がいいのかというのをはっきりさせていきました。

私が男性に望む条件はなんといっても・・・

私のお相手に望むことは1番が優しいこと、2番目が真面目であること、3番目が健康であること。

この譲れないポイントをはっきりさせてから、婚活をスタートしました。

女性なら、男性が優しい人であって欲しいのは重要な点ですよね。

 

どんなに他が魅力的でも毎日喧嘩なんてしたくありませんし、傲慢な人だと、こっちがそれに従わないといけなくなったりで疲れちゃいますし・・・。

楽天オーネットには、先ほども説明したように5つの婚活ツールがあって、

1つ目が、データマッチング

2つ目が、イントロGという相手の見た目などから選ぶ方法。

3つ目が、年3000回以上行われているイベント。

4つ目が、オーネットパスという専門ブースで行うより詳しい検索。

5つ目が、お見合いです。

 

最初の2週間ほどは、私はデータマッチングをよく利用していました。

 

このデータマッチングとは、自分の望むお相手の情報を入力(身長、体重、職業、学歴など)すると、

 

お相手が求める人物像に、私がマッチングしている場合だけ、お相手の情報が表示されるというとっても合理的なシステムで、毎月6名まで相手に申し込みをすることができます。

求める人物像にマッチした時だけでなので、不要な個人情報が流出するような心配もいりません。

データマッチングで嬉しい誤算

私はどちらかというと、アクティブな性格で、データマッチングを使い相手の男性を選んで活動しようとしていました。

ですが、これは嬉しい誤算で、お相手の男性にに私が選ばれコンタクトを取られることもあり、これは嬉ししかったです。

 

というのも、データマッチングでは自分でお相手に申し込める人数は月6名までと決まっていますが、申し込まれる人数は無制限なんです。

そして私に申し込んできた方の中で、職業や学歴、そしてプロフィールのコメントで、真面目で一生懸命に働いていそうな感じの男性がいたのでお会いしてみることにしました。

 

お会いする時の連絡方法は、楽天オーネットのシステムを使用し、メッセージをやり取りします。

ですので、このときにスマホの電話番号やLINEのIDなどをお相手に教えなくてもいいのは安心感がありましたね。

 

会う日がメッセージをやりとりして決まり、その後、婚活カウンセラーに報告しました。仕事の合間にやるのがちょっと面倒でした。

このやりとりがエン婚活エージェントの場合、この日程調節を運営スタッフがやってくれるらしいので、羨ましいなーと後で気がつきました。

>【関連記事】筆者がエン婚活エージェントの社長さんにサービス内容を聞きに行って思ったこと

カウンセラーのアドバイスは結構多い印象

「最初の3ヶ月が勝負だからね!がんばって」と励ましてくれたり、好感の持たれるメールのやり取りを伝授されたり、

イメージアップのための髪型や他にも聞いてないのにメイクのアドバイスをいただきました。

しかし、私としてはこれらの知識は十分にあったので、ややおせっかいかな印象を受けます

いざ男性と会う当日。

男性と会う時は平日の夜だったので、お相手はスーツ。

私は普段よりちょっと華やかなワンピースにしました。

あまり堅苦しいのが苦手なので、かしこまったレストランよりはバルのようなおしゃれな居酒屋のほうがいいとカウンセラーからまた提案があったので、お相手はそちらに予約をとってくれていたようでした。

 

第一印象はとても穏やかそう。

喋り方もゆっくりしていて、少し早口なところがある私とは正反対。

趣味はなんと乗馬だそうで、私は馬に乗ったことが無いのでお話が興味深かったです。

 

会った時間は2時間ほどでした。

その後、休止制度(月会費500円)を活用

婚活カウンセラーに相談したところ「このまま関係を続けて見たら?」と、またまたアドバイスを受けたこともあったのと、ちょっと思うことがあって楽天オーネットは一時休止しました。(この理由は後述します。)

 

この休止制度は月500円でできるので、万が一活動再開となってもまた入会し直しする必要がない制度です。

意外にも『結婚相談所だから、出会ったら即結婚』というような感じではないようですね。

楽天オーネットに入会してみて良い点は3つだった

私が楽天オーネットに入会して男性と出会ってみて、楽天オーネットの良い部分は以下の3点かなと思えました。

【1】割と高めの費用を払っているため、登録している男性・女性が結婚に真剣だったこと
【2】登録者が多く、実際に異性と会える確率は高いこと
【3】アドバイザーからのアドバイスが頻繁にもらえること

まず、【1】の「登録している男性が結婚に真剣」という点について説明していきます。

ー 高額なお金が必要なために「入会者」は婚活に真剣そのもの

月数千円の会費からスタート出来るネット婚活とは違って、楽天オーネットは初期費用が10万程度、その後、「月会費としても1月当たり14,000円程度の会費」が取られる事になります。

(会費はその時によって変わる可能性はあると思います。)

高額な費用を払っている分、男女共に結婚に真剣な人が多いのです。

ネット婚活では、まず恋人から始めようという感じですが、楽天オーネットの婚活は気に入ったら「なるべく早く結婚しよう」という姿勢で婚活が進んでいった印象でした。

 

最初に話した通り、マッチングのプロと呼んでもいいかもしれませんがカウンセラーが、パソコンで条件に合った男性を検索します。

そして「このような男性はどうですか?」と提案され話しは進んでいきます。

そういう面では、楽天オーネットを介して相手と会うというのは、昔でいう「お見合い」と似た感じだと思います。

あくまで女性に関しては見かけただけのイメージですが。

また、そういったお見合いのような昔からの出会いの形式を受け入れる女性が多いからかもしれませんが、全体的に女性の方は「大和撫子」という言葉が似合うような、見た目おしとやかな女性が多かった気がします。

 

男性も楽天オーネットの場合、それに合わせておとなしめの男性が多い気がします。

マッチングで見せてもらった中に、乗馬が趣味な男性がいたのにはびっくりしましたが。

楽天オーネットは男性と出会える確立は高い

また【2】の「気に入った男性に実際に会える確率が高い」という点について説明すると、

ネットの婚活サイトや婚活アプリでは、人気のある男性はそれこそ数百人という単位でアプローチを受けているため、自分のスペックがよっぽど良くないと、なかなか会えません。

しかし、オーネットではアプローチできる相手の数が限られているからなのか。

はたまた相手も婚活に真剣だからなのかは分かりませんが、希望した男性に会える確率がかなり高かったです。

 

特にデータマッチングの申し込まれた量は10件以上を超えていたので、会うだけに絞れば楽天オーネットは良いサービスと言えます。

実際、無料に近いネット婚活サイトだと、男性に会える確率は良いところ10%〜20パーセント(遊び目的の男性は除外します。)というところでしたが、楽天オーネットでは実際に会える確率は70%といったところでした。

 

出会える確率に関しては、かなり優秀だと感じます。

>【合わせて読まれています】ブライダルネットに入会して男性とお茶して感じたこと

アドバイザーからのアドバイスが貰える

そして最後に【3】の「アドバイザーからのアドバイスがもらえる」という点です。

良くも悪くも真剣に婚活をしていると色々な悩みを抱えます。

うまくいかない時も当然たくさんあります。

 

そんな時にアドバイザさんからの助言を耳にすると最初はホっとする時がありました。
婚活に挫折しないためにも、アドバイザーさんがいるのはありがたかったです。

 

例えば以下の3つです。

 

<1>「最初の3ヶ月が勝負だからね」と励まされたり。

<2>印象の良いメールのやり取りの仕方を伝授してもらったり。

<3>「髪型」や「メイク」のアドバイスも受けました。

 

しかし、このアドバイザーさんの存在裏を返せばデメリットにもなりましたが、それは後ほど記載します。

一方、私が楽天オーネットを月額500円で休止したのには、理由があります。

それが下記の2点になってくると思います。

【1】費用がかなりの高額であるという事(これが大きいと思います)
【2】アドバイザーが強引に自分の意見を押し付けてくること

 

【1】そもそも費用が高額すぎる

【1】の「費用がかなりの高額である」という点についてですが、やはり初期費用合わせて10万円以上もかかり、かつネット婚活の5倍近い月会費を払うのは、かなりコスト負担が大きいと感じてしまいました。

 

当然ながら結婚相談所なので無料相談はありますが、無料期間というものもありません。

どこの結婚相談所も無料期間がないのは同じことですが、無料に慣らされている私としては最初に10万円を試しに払うのには抵抗がありました。

それでも、最初に担当してくれたカウンセラーの態度や社長さんが挨拶してくれたことなどの印象の良さで入会を決めたわけですが。

10万円払ってそれに見合った婚活の効果があればいいですが、はっきり言って、そこまでの金額を出すほどの成果はどうだったのか?

判断が難しいところです。

なぜなら、楽天オーネットよりも安い「エン婚活エージェント」や「ゼクシィ縁結びカウンター」が存在しているのもオーネットから目が映る原因でした。

最初に担当してくれたカウンセラーさんからも、

「アクティブな性格ならば、婚活サイトも向いている」ようなことも言われたので、それも楽天オーネットを数ヶ月も長く使い続ける必要性が薄いと感じたポイントになります。

要は、他社サービスを使ってみたいと思ったのが楽天オーネット休止の最大の理由でした。

【2】アドバイザーの意見が目立っている

【2】の「アドバイザーが強引に自分の意見を押し付ける」という点についてです。

ネットの婚活サイトの場合は、自分で色々決めて行動でき「自分でメッセージを送って嫌ならやめる」ということが出来ましたが、楽天のオーネットはアドバイザーが色々とアドバイスをいってきます。

例えば、これは私が実際にアドバイザーから受けたことですが、

・あんまり気に入ってないお見合い相手を勧められることがあったり

・相手との交際に背中を押そうとしたり、

 

結婚を成立させようと、半ば強引なアプローチを受けた場面がありました。

 

そのアプローチで背中を押されて結婚に至る人もいるかもしれないので、正直良いか悪いかは人それぞれです。

ですが、自分は納得して前に進みたかったので、この結婚に強めに背中を押すアプローチは私にとってはNGでした。

楽天オーネットを利用してみた感想をまとめると・・・

以上が、私が楽天オーネットを利用してみた感想になります。

婚活サイトと比較するとデータマッチングやイントロGなどがあるので、男性と会える確率が非常に高かったりお相手の婚活への真剣度が高かったりするメリットはあります。

 

一方で他社の結婚相談所と比較してみると、正直諸々合計10万円以上の費用を払うほどのものなのか?

といった疑問が利用している最中も拭えず、私個人としては男性と会った後も、

「私なら安いエン婚活エージェントの方でも出会えたのでは?」

 

と感じてしまったり、スマホで他社のサービスを利用しようかどうしようか、目移りする頻度が多かったです。

>【関連記事】価格の安い結婚相談所エン婚活エージェントとゼクシィの2社は価格以外では何がいいのか?

あくまで私の感想ですので、あなたが楽天というブランドに価値を感じればありだと思います。

私も楽天ヘビーユーザーで楽天通販はよく利用しますから。

 

でも、通販の楽天と婚活する場合の楽天を一緒に考えていいものか?

そこは冷静になってみるべきとなんじゃないかと考えます。

今は、もっと安くて便利な結婚相談所もいくつかありますからね。

>【合わせて読まれています→】エン婚活エージェントとゼクシィ縁結びカウンター、楽天オーネットをランキングで比べてみると?

楽天オーネットの関連記事

入会金が高すぎて退会した楽天オーネットの話【体験談】

 

ネット婚活サイトの関連記事

知り合いも利用しているブライダルネットの特徴をまとめてみた

当サイトに送られてきた口コミからネット婚活サイトをランキング化してみた【管理人】

 

著者プロフィール

・著者=めぐっち

・性別=女性

・当時年齢33歳

・「ゼクシィ縁結び」や「マッチ.com」などの婚活サービスは一通り体験してきました。

結婚相談所は楽天のオーネットが初めてです。

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら