「私ってもう結婚できない?」そんな不安を解消するための結婚・婚活情報メディアです。婚活サイトや結婚相談所の利用はどうなの?35歳40歳以上の女性への情報も盛りだくさん。実は男性の婚活にも活用できます

【バスツアーは何位?】婚活サービスを「安全・手軽さ・費用」からランキングにすると?全7位

婚活という言葉が流行し、定着してから数年が経ちました。現在、婚活にはさまざまな形態があり、老若男女問わず結婚したい人に向けたサービスが数多くあります。

 

 

筆者も実際に結婚するまでいくつもの婚活を経験しましたので、個人的に順位付けをしてみました。これから婚活をする上で、少しでも参考になれば幸いです。

 

【7位】クラブの婚活イベント

クラブでの婚活イベントは、会場となるクラブが主催して行う婚活イベントです。費用は男性10000円、女性は2000円でお酒・ソフトドリンクが飲み放題でした

 

クラブの婚活イベントでは、どこで開催されるものでも費用はそれくらいに設定されているようです。

 

 

イベントではお酒を飲みながら結婚式の二次会のようなゲームをいくつか行い、内容自体は楽しく盛り上がります。

 

しかし、いかんせんクラブですので、来ている男性は遊び慣れているチャラい印象の人が多く、婚活というよりはその日の相手を探しているような人も多数見受けられました

 

 

実際、普段からクラブに来ている常連客が多かったようです。ただ楽しみたいだけなら良いのですが、結婚相手を探す「婚活」として行くのはあまりおすすめできません

 

【6位】街コン

今や婚活の大定番となった街コンですが、来ている人のほとんどが若者です。なかには10代の人もいるようで、30歳以上の人にはあまり向いていないと思います。

 

ただ食事をして多くの人と話すといった内容ですので、結婚相手というよりも友達を作るようなラフな感覚で行く方が良いでしょう

 

 

実際に、街コンで同性の友達ができたという話もよく聞きますし、開催時間も昼間なので健全な出会いの場で安心感があります。

 

婚活特有の堅苦しさも無いので、気軽に参加できるのが良いところでしょう。

 

【5位】趣味合コン

趣味合コンにはさまざまなものがありますので、一概にこうとは言えないのですが、アウトドア・バーベキュー合コンは良い雰囲気で楽しく参加できました

 

テントやタープを立てるところから火おこしまで自分たちで行うので、男性が頼もしく見えます。

 

 

また、口下手な男性でも自分の趣味のことなら話しやすいようでしたし、実際に作業をするのでその人の内面がよく分かります。

 

女性も野菜を切ったり後片付けなどするので、お互いの気遣いがよく見え、男性に自分をアピールするチャンスもあります

 

 

趣味はその人がいちばん生き生きする場で、本当の姿がよく分かりますから、結婚相手を探すにはとても良い場であると言えるでしょう

 

【4位】婚活バスツアー

婚活バスツアーでは、参加者の男女が一緒に観光地を巡る日帰り旅行ができます

 

バスなので移動時間が長く、バスの中で何度も席を移動しながら話をしたり、ちょっとしたレクリエーションをしながら気に入った相手を探します。

 

 

目的地に到着後は自由行動ですので、一緒に観光したい人がいれば自分から声をかけなければなりません。

 

とは言え、もし一人になってしまっても主催者側の配慮で誰かと一緒に観光することができるので安心してください。また、自由時間には連絡先交換も自由にできます

 

 

バスツアーはほぼ一日がかりですので、たくさんの人をしっかり見て相手を探したい人におすすめです。

 

【3位】婚活パーティー

昨今ではさまざまな企業が婚活パーティーを開催していますが、まず参加者全員と少しずつ話をし、その後の自由時間で積極的にアプローチするという形を取っている婚活パーティーが多いようです。

 

 

また、参加募集の段階で「年収500万円以上限定」や「35歳以下限定」など条件が提示されていますので、条件に合った人と何人も同時に出会えて効率的

 

実際の流れでも初めにプロフィールカードを記入し、それを開示して話をしますので、条件に合った人の中からさらに厳選することも可能です。

 

 

費用は男性の参加料が7000円~8000円ほどが相場ですが、女性は1000円~2000円程度か、もしくは無料

 

内容も費用も、結婚相談所の堅苦しさと街コンの気軽さの間を取ったイメージですので、あまり費用をかけず効率的に出会いたい人にはもってこいです。

 

【2位】結婚相談所

本気で結婚したい人が利用するのが「結婚相談所」です。男性も女性も詳細なプロフィールを申請し、虚偽申告が無いか独身証明書や収入証明書、身分証明などを用いて確認もされます。

 

その上でお互いの条件を照らし合わせてベストな人を紹介してもらえますし、もし上手くいかなかったとしても、次から次へと別の男性、女性を紹介してくれます。

 

 

数ヶ月という短期間で結婚したい人や、一度に何人もの人と話すのが億劫な人や、婚活サイトのようにメールでのまどろっこしいやりとりがもう面倒だ!という人は相談所を利用するのが一番手っ取り早いでしょう。

 

一度、次から次へと人を紹介してくれる「楽さ」を覚えると、婚活サイトのようにメール送受信を1人に3ヶ月掛かるのは怠く感じてしまうほどです。

 

とは言え、その分費用が高いことが難点。入会金だけで数十万、もし結婚が決まったら成婚料という名目でまた20

万の費用がかかる相談所がほとんどです。

 

そのため、費用のことは気にせず、短期間で確実に結婚したい人には向いています。費用が安い結婚相談所も中にはあるためそれらを利用する手もあります。

→【関連記事】結婚相談所をコスパランキング化してみると?

 

【1位】婚活サイト

私が利用したのはFacebookを利用した婚活サイトで、サイト上のプロフィールで気になった人に自分からメールを送ってやり取りをし、お互いの同意が得られればFacebookページを公開するというものでした。(他のサイトも経験あります。)

 

Facebookには実生活のことを書き込んでいる人も多いので、会う前にその人のページを確認できるのはとても安心感がありましたね

 

 

また、男性側はメールを送ったり相手の詳細なプロフィールを見るのに多少の費用が掛かりますが、女性は完全無料のサイトがほとんどですので、気軽に利用することができます

 

気軽に始められて費用もあまりかからず、プロフィールやメールから大体の相手のイメージを掴める、それも何人も同時に。という総合的な使い勝手の良さで、「婚活サイト」を1位にしました。

【関連記事】婚活サイトのランキング

 

婚活サービスをまとめてみると・・・

 

婚活をする上での費用・効率・安全性を考慮し順位付けすると、以上のような結果になります。

まとめますと、

 

・「婚活バスツアー」1日一緒なので、よく人を観察できるが嫌な人しかいない逃げ場がない。

・「婚活パーティー」はジャンルが豊富でバスツアーよりも場の空気が悪くなれば逃げることができます。

・「結婚相談所」は、費用は高いが、とにかく男性と会うまでが楽で、安心安全感はピカイチ。

・「婚活サイト」は、安心感を犠牲にし面倒なやりとりはあるが、手軽で費用は安い。

 

婚活にはさまざまな手段がありますが、女性は特に安全面を重視して選ぶべきだと思います。自分の目的に合った婚活を、賢く利用するようにしましょう。

 

 

関連記事

最新記事一覧

管理人

スクリーンショット 2015-08-02 9.43.29

管理人=月子
年齢=現在39歳。結婚は36歳。

三十路を過ぎてから私もそろそろ結婚したいなと思うようになり、婚活サイトを利用して今の旦那と出会いました。

私のように三十路を過ぎてから結婚したい!
と思っても結婚相手がちゃんと見つけるにはどうしたらいいのか?といった情報を入手できるサイトがあまりなくて、だったら私が作れないかなと思って、この【晩婚のススメ】を運営し始めました。

現代の女性は昔ほど婚活サイトへの偏見はなくなってはいますが、それでもまだ婚活サイトの魅力を多くの女性は見落としている気がします。

若い人なら、婚活サイトを使わなくても出会いはあると思いますが、30代を過ぎてくると職場と家の往復で「出会い」なんてそうそうないですよね?もろ私がそうでした・・・。
寂しさのあまり帰り道に見かけた猫に話しかけたりなんてしょっちゅうでした><

それで結婚に絶望的になっちゃうんですが、婚活サイトは少ない労力で理想の男性を見つけられるので、やってみると分かる便利さがあります。私はブライダルネットで今の旦那と出会いましたから。

結婚相談所は確実に早く結婚したい場合には婚活サイトよりも有効です。私の友達M美が36歳の時に結婚相談所のおかげで素敵な男性と出会えたらしいです。
その時、利用したのがゼクシィ縁結びカウンターだったらしく、値段が高い=成婚率が高いわけではないんだなーと感じました。

実は私の父も結婚相談所を利用して結婚していますので、私にとってはとても身近な存在です。

しかし、父から話を聞いてみても感じるのですが、最近の結婚相談所は手頃な価格なのに、サービスも良い所が増えましたね。
もう昔とは違うなーって感じてます。

このサイトも婚活サイトや結婚相談所の体験談を募集していますので、一読してもらって利用してみるかどうするか参考になればうれしく思います!