婚活オタクの男性の私が婚活「パーティーパーティー」に参加してみた結果【口コミ・体験談・評判】

※この体験記は、私が男性なので、男性向けだと思われるかもしれませんが、必ず女性の方にも役立つ情報があるかと思います。

男性、女性、どちらの方にも読んでほしい記事です。

 

私が婚活のパーティーパーティーに参加しようと思った理由

私が婚活を始めようと考えた時に最初に利用したサービスが、ネット婚活になります。自分はこのネット婚活サービスでブライダルネットというサービスを利用していました。

 

開始した当初は順調に進んでいた婚活でしたが、婚活を開始してしばらく経った時点で、何度か会っていいなと思っていた人から断りの連絡が入ったり、メッセージのやり取りをしている人からの返信が無くなったりして、一時的にやり取りをしている人がいなくなるという経験をしました。
ネット婚活サービスは手頃な反面、実際に女性に会うまでには事前のやり取りも含めて最短で1か月、普通は2~3か月程度の時間がかかることがほとんどです。

 

ネット婚活を始めたばかりの頃はメッセージのやり取りだけでも満足していましたが、実際に女性と会うという体験を何度も積み重ねた結果、「やはり婚活は実際に会ってみないと始まらないな」と感じるようになっていました。

 

そんな自分にとっては、またここから2~3か月コツコツ女性とやり取りして実際に会うところまでこぎつけるというのは非常に長い道のりのように思われました。
そんな時にブライダルネットから送られてくるメールの中で頻繁に紹介されている「パーティーパーティー」という婚活パーティーの情報が目に留まりました。普段は読み飛ばしていた情報になります。

 

ただ、ネット婚活に行き詰っていたので新しい刺激を求めていたこともあり、リアルに会える婚活パーティーにも参加してみたいと思い始めました。
パーティーパーティーを選んだのは具体的な理由があったからではなく、単にブライダルネットで紹介されていたことが理由になります。

 

パーティーパーティーに参加するための条件や資格は必要なの?

 

自分がパーティーパーティーで参加していた婚活パーティーに関してはイベント形式のものばかりになります。
例えば、自分が参加したものの例を挙げると猫カフェで一緒に異性と時間を過ごす「猫カフェ婚活」、昭和記念公園などを異性と一緒に散歩する「お散歩婚活」、高尾山にのぼった「ハイキング婚活」などがありました。

 

このような婚活に関しては年齢である程度制限がかかっています。それらの詳しい情報はまた別の記事でご紹介します。

 

基本的には35歳、38歳、40歳といったところで参加者のバーが設けられていました。
しかし、逆に大人のイベント婚活といった形で40歳以上が条件のものも存在していました。

 

 

そのため、40代の女性、男性でも気兼ねなく参加できる点は評価できます。
また、自分が参加していたイベント型の婚活パーティー以外にも、さまざまなスタイルの婚活パーティーがパーティーパーティーでは行われています。

 

例えば、いわゆるオーソドックスな参加者の女性の周りを男性が回ることにより、自分をアピールするという昔ながらの婚活パーティー、また参加する男性に年収などの条件が設けられているパーティーなどもありました。

 

自分は残念ながら低収入だったので(笑)、このような年収条件のあるパーティーには参加出来ませんでした。

 

しかし、このパーティーパーティーで知り合った男性から聞いた話によると、このような年収条件のあるパーティーはやはり参加している女性も若くてかわいい子が多かったとの事でした。年収が高ければぜひ参加してみたかったです。
あと、面白いところではパーティー参加者の男性に細かい条件が付いているものもありました。「タバコを吸わない人限定」、「ギャンブルをしない人限定」、「車でドライブに連れていってくれる人限定」などです。

 

このような条件での絞り込みはネット婚活サイトを彷彿とさせるものでした。ブライダルネットを運営している会社だけあって、そのようなネット婚活の文化も婚活パーティーに取り入れているのかなと感じました。

 

パーティーに参加していた人数と性別はどっちが多いの?

パーティーパーティーの婚活パーティーに参加する人の人数についてはそれぞれのイベントごとに異なってきます。

 

例えば、自分が好んで参加していた「お散歩婚活」というイベントであれば、大体男女10弱程度の20名弱で催されていました。

 

ただ、連休などに行われる大型パーティーなどのイベントであればそれこそ200人規模のパーティーなどもざらに存在していました。
パーティーパーティーで気に入っていたのは男女に人数比がしっかりと調整されていたことです。

 

他の婚活パーティー、例えばエクシオなどでは参加者が集まらなかったり、参加者の男女比がおかしくても、会場をおさえているので、パーティーを実施するという形でした。実際自分も男女比のおかしなパーティーに参加した事があります。

 

 

しかし、パーティーパーティーの場合には参加者募集の段階で男女比が合うようにしています。また、自分が参加するイベント形式の婚活パーティーは人気があるので毎回実施されていましたが、普通のパーティー形式の婚活などで参加者の男女比がおかしい場合は中止されることもしばしばあるようです。
このように男女比をしっかりと調整してくれるので、パーティーパーティーの婚活には安心して参加出来ました。

 

 

パーティーパーティーの会費は数千円程度?

 

パーティ-パーティーの参加費はイベントによって異なってきます。例えば、高級なレストランなどに食事をしに行くといった婚活パーティーに参加した場合には8,000円程度の会費になる場合もあります。
ただ、自分が参加した「ハイキング婚活」などであれば、会費は4,000円程度でした。

 

 

この値段を高いか、安いかは人によるかと思います。

 
このようにパーティーパーティーのイベントはパーティーの参加費が大きく変わります。また、どちらかというとイベント型のパーティーは高めで、普通のいわゆる会場を借りてやるパーティーの場合は5,000円程度が相場となります。基本的には、どんなに高くても10,000円を超えないように設定されているというイメージがありましたね。

 
また、女性はこの会費から大体2,000~3,000円を引いた金額になると考えておけばほぼ間違いありません。
パーティーの費用としては、リーズナブルな参加費で有名なOTOCONと同じくらいの水準にあり、かなりお財布にも優しい婚活パーティーであると言えるのかなと思います。

 

パーティーパーティーで行われる特有のイベントがこれ!

パーティーパーティーとイベント型の婚活パーティーでは男女の仲を深めるようなさまざまな催しが用意されていました。

 

それこそ昭和記念公園のお散歩イベントであれば、男女ペアになってボートに乗るといったような催しが用意されていたり、猫カフェの婚活イベントであれば、猫を挟んでお互いの写真を撮り合ったり、最後は猫一匹と男女ペアのスリーショットを記念撮影するなどの催しもありました。

 
やはり、このような催しを行った後は盛り上がり、一気に親密感も深まる印象がありました。

 

 

まとめ(最終的に親密になれた相手がいたかどうかなどについて)

パーティーパーティーのイベント型婚活に参加すると、基本的にはかなり仲良くなることが出来ます。また、そのイベントでの興奮や培った親密感があるので、大体気になった異性とは2~3回食事に行く事は出来ました。

 
ただ、イベント以外の場で会うと意外に印象が違ったり、会話が弾まなかったりでうまく行かないことも多くありました。

 

 

ただ、猫カフェのイベントで知り合った女性とは非常に仲良くなり、どちらかというと向こうの女性が自分を気に入ってくれて積極的にアプローチを受けている状態になりました。

 

しかし、自分に別の女性との出会いがあり、結局交際には発展しませんでした。ただ、今でも実家の猫の写真を送り合うなどして、猫好きの女友達として付き合っています。

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら