【ブライダルネットなども?】婚活サイトで男性からメールが来た時の好印象な返信のコツ7つ

婚活サイトで男性からのアプローチがあった場合、どんなメッセージを送るのが良いのでしょう。

 

 

どんな婚活サイトでも、ある程度のプロフィールや写真は相手に提示されていますが、実際に会うまで相手がどんな人か完璧には分かりません。

 

その分、相手のイメージを膨らませながらやり取りするのは、とてもわくわくするものです。

 

 

その期待や楽しみをより大きいものにするために、またいざという時に自分の身を守るためには何を気を付けるべきなのか、以下にまとめました。

 

【1】丁寧な言葉を選ぶ

人と人が出会い、良くも悪くも相手に印象を持つ上で最も重要なのが、見た目と性格です

 

 

実際婚活サイトでは、登録したプロフィールや写真があなたの顔となり、男性はそれを見てアプローチをしてきます。

 

その次の段階としてメッセージのやり取りがあるわけですが、そこで初めてあなたの性格が相手に伝わります。

 

 

メッセージで相手に良い印象を与えるためには、丁寧な言葉遣いをすることが最も重要です

 

婚活サイトで出会う人とは当然初対面。まずは、普段友達と話すようなくだけた言葉ではなく、正しい敬語と多少かしこまった言葉を使った方が、常識的で丁寧な印象を与えられるでしょう。

 

【2】相手の年齢に合わせた言葉遣いを考える

メッセージをやり取りする相手(男性)が年下や同い年であれば、それほどかしこまった敬語を使う必要はありません。むしろくだけた話し方の方が距離が縮まる可能性が十分にあります

 

しかし、相手が年上である場合には、正しい敬語を使うよう心がけましょう。

 

 

メッセージをやり取りする段階では、まだ顔を見たこともない相手です。特に年上の相手には、常識的で丁寧な印象を与えておいて損はありません

 

【3】写真を加工しすぎない

最近の写真加工アプリでは、目を大きくしたり実際より痩せて見せたり、簡単になりたい自分になることができます。

 

 

しかし、加工のしすぎは要注意

 

いくらプロフィール写真が綺麗でたくさんの男性からアプローチをもらっても、実際に会ってみたら別人のようでがっかりされた、なんてことになったら労力の無駄です。

 

 

写真を加工するのはほどほどにし、ある程度そのままのあなたにアプローチしてくる人と出会えるようにしましょう

 

【4】プライバシーに関わる質問はしないこと

メッセージをやり取りする上で、プライバシーに関することをどんどん聞くことは失礼にあたります

 

 

現実にはまだ出会ってもおらず、顔も知らない相手。そんな相手に、家族のことや年収など、自分のプライバシーを聞かれることは不愉快以外の何ものでもありません

 

そういった話を聞くのは、実際に会ってある程度仲が深まってからにするのがマナーです。

 

【5】予定が合わなければ代替案を

いざ会うこととなり日程を決める段階になったのに、なかなか予定が合わない、ということもありますよね。

 

もし相手が提示した日程に都合が合わず断るときは、必ず代替案を提示するようにしましょう

 

 

こちらからなんの提案もなく断ってばかりでは、相手からの印象が悪くなるばかりか、本当に会う気があるのかと疑われてしまうかもしれません

 

「その日は都合が合いませんが、この日はいかがですか」と具体的に日にちを指定して、こちらからも積極的に提案する方がスマートです。男性が全て決めるべきといった考え方はやめましょう

 

お互いの今後のために会うわけですから、女性であるあなたもできることはやるようにしてください。

○<関連記事>結婚相談所や婚活サイトでお見合いや待ち合わせの場所に困ったら?主要駅のおすすめカフェ一覧記事(工事中)

 

【6】個人を特定されるような情報は載せないこと

婚活サイトに登録するプロフィール情報や写真は、不特定多数の人の目に留まりますので、個人を特定できるようなものは避けましょう。

 

電話番号や住んでいる場所などの個人情報は、実際に会ってから公開した方が安心です

 

 

現にニュースを見ていると、女性が被害者になる犯罪が数多くあります。そんなことにならないためにも、個人情報は信用できる相手にだけ公開するようにしてください。

 

仮に何か言わないと厳しいような状況になったら、抽象的なことを行ったり、フェイクを混ぜるなどしましょう。もし、それで仲が深まった時に誤解が生まれている場合は、「あの時のあれなんだけど、実はこうこうこうで。個人情報を盗む人が前にいて〜」といった具合に恐怖心からといった意図をしっかりと伝えれば分かってくれます。

 

同じく婚活サイトを使っている身なのですから。

 

【7】自分の直感を信じる

もしメッセージをやり取りしていて「変だな」と思ったら、その人と会うのはやめた方が良いかもしれません

 

 

女性は勘が鋭いものです。直感で異変を感じた相手は合わない相手である場合が多いですし、最悪の場合、危険な思考を持った人かもしれません。

 

たとえ「常識的で丁寧だし優しそうだけど、何となく嫌な感じがする」という程度でも、直感的に異変を感じ取った相手とは、やり取りをしない方が良いでしょう

 

 

婚活サイトでたくさんの人とやり取りし、出会うことはとても楽しいことですが、相手の顔が見えず危険が潜んでいることもあります。

 

インターネット上で出会った人からストーカーされて犯罪に巻き込まれるようなことや、言葉巧みに誘導され詐欺にあってしまうことが、実際に起こっています。

 

 

いちばん大切なのは自分の身を守ること、ということを念頭に置いて、注意しながら婚活を楽しんでいきましょう。

 

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら