「私ってもう結婚できない?」そんな不安を解消するための結婚・婚活情報メディアです。婚活サイトや結婚相談所の利用はどうなの?35歳40歳以上の女性への情報も盛りだくさん。実は男性の婚活にも活用できます

【実体験2】36歳の私がブライダルネットの男性とデートを重ねてみて思ったこと【感想・評判】

男性へのアプローチの流れ

ブライダルネットに入会してからなんですが、前回の【実体験1】の記事で述べた通り、ブライダルネットに入会してからは「あいさつ」という機能を使って男性にアプローチしてくことになります。

 

そして、この「あいさつ」というものが男性からも返って来たら、「あいさつ成立」という形になりブライダルネット上でのメッセージ交換である「ちょい話そう」というものが出来るようになります。この「ちょい話そう」に関しては300文字の文字制限があるので、あまり突っ込んだ話などをすることはできません。

 

そのため、プロフィールに書いてある内容についての質問、例えば、趣味に海外旅行とあったら、「今までいった国で一番良かったのはどこですか?」といったような形の質問をすることが多かったですね。

 

その後、「ちょい話そう」という申請ができたり、相手のことが気に入った場合には「もっと話そう」というものを相手に申請することになります。そして、相手も自分との「やり取りを続けたい!」という形になれば、その申し込みを受けます。

 

申し込みを受けると、自分の連絡先が相手に、相手の連絡先が自分に公開される形になりました。

相手の同意を得られなければ連絡することはできませんので、その点女性の私は特に安心でした。

 

ブライダルネットで出会えた男性の比率

あいさつに関しては2人に「あいさつ」したら、1人からは返ってくるという形でした。その後、「ちょい話そう」という機能を使ってメッセージの交換をするのですが、この段階では、大体1日にメッセージのやり取りが1往復くらいするペースでのやり取りが理想であるとブライダルネットでは言われています。

 

このペースでメッセージ交換が続いていた場合には、ほとんど90パーセント以上の確率で、次の「もっと話そう」という段階まで進むことが出来ました。なお、大体この段階でさらに2人に1人くらいまで減ってしまいました。

 

そして、「もっと話そう」というものが成立して、連絡先が開示された後は個人的にメッセージのやり取りをします。その段階でさらに会うことが出来る男性は半分になるといった形でした。

 

なので、実際に会えた男性は「あいさつ」機能で自分からアプローチした男性の1/8程度といった形でした。また、男性からも女性に「あいさつ」することは可能となっており、1日に1人くらいの頻度で「あいさつ」を受けることもありました。

 

ただ、ゼクシィ縁結びカウンターなどの結婚相談所と比較すると男性からアプローチはかなり少ないと感じました。あくまで、男性が主体でアプローチしていく必要があります。

 

私は女性ながら受け身になるだけは嫌だったので、大体、自分も1日に1人の男性には「あいさつ」をしていたので、1月に30人アプローチするとして、実際に会えたのは3~4人という感じでしたね。およそ「メッセージを送った数の1割と出会える」と考えてください。

 

メッセージ交換から実際に会うまで

男性とは「あいさつが成立」してから、「ちょい話そう」で1週間のメッセージ交換を行います。その後、直接メッセージの交換ができるようになってから、大体1か月程度やり取りをした後、相手の男性からご飯に誘われる感じでしたので、そのペースで大体は会うことにしていました。

 

基本的には、女性から会おうと言う雰囲気ではないので、私含めて女性の方なら男性から誘われることになるかと思います。

もちろん、女性から誘っても良いとは思いますが、逆に積極的すぎると何か裏があるのではないか?と男性が思ってしまうのでここは男性が誘いやすい状態を作ってあげて、誘われるのを待ちましょう。

 

例えば、好きな趣味がカフェ巡りやグルメだとして、その話を男性としていたとします。

そのな流れで、「私、あのお店の前を通ってもなかなか行く機会がないんですよねー。」などと話すことで、

相手の男性が「じゃあ、今度行ってみませんか?」といった流れに持ち込むのが一番楽かなと思います。

 

でも、こういうのをまどろっこしいと感じてしまうなら、婚活サイトは向いていかもですね。と、いいつつ私がそうでしたけど・・・。

 

 

ちなみに、ゼクシィ縁結びカウンターのような結婚相談所では、相手と連絡が可能になった後は、「すぐに会おう!」という話になるケースが多かったので、それと比較するとブライダルネットの場合には、実際に会うまでの時間が掛かります。

 

少なくとも、実際に会えるのは登録してから1ヶ月は経過すると見た方が良いかと思います。私も大体それ以上は掛かっていましたから。

 

ブライダルネットを通じて男性に会ってみての感想

実際に会った男性の印象としては、外見的には「清潔な人」や「なかなかイケメンな人」が結構いるんだな~という印象でした。

 

結婚相談所やネット婚活などのサービスには結婚適齢期に結婚を逃した男性が多く登録するというイメージがありました。なので、容姿という面では、抜群にかっこいい人というのは、ほとんどいないだろうと高をくくっていいたのでビックリでした。

 

実際に、他の婚活サイトの「ゼクシィ縁結び」というネット婚活サイトで出会った男性に関しては、外見的には普通といった感じの人が多かったです。

 

それ以上に、遊び目的の男性が多く嫌気が差しましたが。

 

しかし、ブライダルネットは違いました。実際に会った男性のうち、半分近くは「え?何でこの人に恋人がいないんだろう?」と疑問に思ってしまうくらいのかっこいい人やダンディーな人が多い印象でした。

 

これはあくまで退会した後の私の推測ですが、ブライダルネットは顔出しが基本となっている婚活サービスなので、容姿に自信がある人の登録が多いのかなとも感じました。

 

初めて会う時の流れ

実際に会うのは週末のお昼で、私が住んでいる地域の近くにある大き目の駅で待ち合わせするというのが基本パターンでした。そして、昼食を一緒に食べた後、近くのカフェでお茶を飲んで2~3時間しゃべるというのが定番でした。他の婚活サイトでも出会ってからの流れは似た流れです。

 

話は、お互いの家族の話や趣味の話が多かったと思います。話してみると真面目に婚活している男性が多いなという印象は受けました。ただ、一定の確率で明らかにあんまり婚活には熱意が無く、女性と遊ぶことをを目的にしているような男性も少なからずいました。やっぱり0とはいかないもんですね。

 

若くて、自分からアプローチしてきた20代半ばの男性に、このような傾向が多く見られました。やはり、総合的に見ると婚活に対しての意識の高さという点ではゼクシィ縁結びカウンターのような結婚相談所の方が入会者の意識が高いと感じます。月4000円と月1万円ではこういった点が違いますね。

 

なお、気に入った男性には帰り際に「今度は~へ行ってみましょう」という形でアプローチしておいて、都合がつく日程だけ聞いておくことにしました。ただ、ほとんどは男性の方から聞かれてましたけど。

 

そして、その後メールでやり取りして、再度デートに出かけるというパターンでした。あまり、男性にも負担を掛けないように帰り際にデートのアポまでしっかりと決めてしまうという事はせず、その後のメールのやり取りで詳細な「日程」は決めるようにしていましたね。

 

ブライダルネットを使ってみての感想

ブライダルネットに関しては、積極的に活動している期間、ほとんど活動していない期間も併せて1年と2か月程度活動を続けていました。その間に付き合うことが出来た男性は3人でした。ほとんど活動していない期間を除けばおよそ7ヶ月程度ですので、なかなか良い数字です。

 

今まで使ってきたyuubraidやゼクシィ縁結びなどの他婚活サイトでは1人も付き合うことができませんでした。

 

ちなみに付き合う場合には、特にブライダルネットなどには報告は必要ありません。あくまで、お互いの連絡先が開示された後は個人同士のやり取りの世界になります。

 

1年程度利用してみての感想ですが、ネット婚活サービスとしてブライダルネットはよくできたサービスであると感じました。特に「あいさつ」ボタンを押すだけでアプローチできるという点は非常に楽に感じました。月会費が4,000円程度ということを考えると、一度試してみても損はないサービスであると感じますね。ちょっと高い食事を1回している程度の値段ですし。

 

ブライダルネットとゼクシィ縁結びカウンターの比較

ここからは、ブライダルネットのようなネット婚活サービスとゼクシィ縁結びカウンターのような結婚相談所系サービスを体験してみての感想ですが、まず、「今すぐにでも結婚したい」というような気持ちを持っている人であれば、ゼクシィ縁結びカウンターを推します。

 

何故かと言えば、結婚相談所系サービスの方が登録者の結婚へのモチベーションは明らかに高いと感じました。加えて、自分から異性にアプローチするのが苦手な方もゼクシィ縁結びカウンターの方が良いでしょう。

 

ブライダルネットのようなネット婚活サービスでは、自分で積極的に男性にアプローチしていく必要性があるので、それを苦痛に感じるようなタイプの人は女性だろうと男性だろうと、お勧めはできません。

 

ただ、ある程度会話に困らないコミュニケーション能力があり、結婚までそんなに焦っていないという人であればブライダルネットもいいと思います。

 

すぐ結婚というわけではなく、あくまで出会いのチャンスを増やしたいという程度の感覚であれば、まずはブライダルネットのようなネット婚活サービスに登録して婚活をスタートするのが、割りに合っているなと感じました。

 

 

この筆者の関連記事

 

【実体験1】ゼクシィ縁結びカウンターを知って無料相談に行くまでの話

【実体験2】ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談を受けてみた感想

【実体験3】ゼクシィ縁結びカウンターで入会後に面談をしてみた結果【評判・口コミ・感想】

【実体験4】ゼクシィ縁結びカウンターで紹介された男性とデートを重ねてみて思ったこと

関連記事

最新記事一覧

管理人

スクリーンショット 2015-08-02 9.43.29

管理人=月子
年齢=現在39歳。結婚は36歳。

三十路を過ぎてから私もそろそろ結婚したいなと思うようになり、婚活サイトを利用して今の旦那と出会いました。

私のように三十路を過ぎてから結婚したい!
と思っても結婚相手がちゃんと見つけるにはどうしたらいいのか?といった情報を入手できるサイトがあまりなくて、だったら私が作れないかなと思って、この【晩婚のススメ】を運営し始めました。

現代の女性は昔ほど婚活サイトへの偏見はなくなってはいますが、それでもまだ婚活サイトの魅力を多くの女性は見落としている気がします。

若い人なら、婚活サイトを使わなくても出会いはあると思いますが、30代を過ぎてくると職場と家の往復で「出会い」なんてそうそうないですよね?もろ私がそうでした・・・。
寂しさのあまり帰り道に見かけた猫に話しかけたりなんてしょっちゅうでした><

それで結婚に絶望的になっちゃうんですが、婚活サイトは少ない労力で理想の男性を見つけられるので、やってみると分かる便利さがあります。私はブライダルネットで今の旦那と出会いましたから。

結婚相談所は確実に早く結婚したい場合には婚活サイトよりも有効です。私の友達M美が36歳の時に結婚相談所のおかげで素敵な男性と出会えたらしいです。
その時、利用したのがゼクシィ縁結びカウンターだったらしく、値段が高い=成婚率が高いわけではないんだなーと感じました。

実は私の父も結婚相談所を利用して結婚していますので、私にとってはとても身近な存在です。

しかし、父から話を聞いてみても感じるのですが、最近の結婚相談所は手頃な価格なのに、サービスも良い所が増えましたね。
もう昔とは違うなーって感じてます。

このサイトも婚活サイトや結婚相談所の体験談を募集していますので、一読してもらって利用してみるかどうするか参考になればうれしく思います!