パーティーパーティーで結婚相手に巡り合うことが出来なかった私の話【体験談・評判・口コミ】

「出会い」を求めて婚活パーティーに

私が婚活パーティー(「パーティーパーティー」という名前の婚活パーティーサイトを利用しました。)に行った理由は、新しい男性との「出会い」を求めたからです。

 
そこで知り合った男性と、恋愛をして、そして結果的に「結婚」に結びつくことが出来れば良いなとい う軽い気持ちでした。けれど、今考えるとそれは、とてもとても甘い考え方でした。

婚活期間は三か月、婚活パーティーに四回出席

初めて婚活パーティーに参加した私は、とにかく相手の男性ときちんと話そうという意識で臨みまし  た。お見合いの場にいるのに、そっけない態度や、「私、まだまだ結婚したと思ってないんですよ」  という態度では相手に失礼だと思ったからです。
そして、四回のパーティーで、二回カップリングをすることに成功しました。

 

初めてカップリングした男性について

初めてのお見合いパーティーでカップリングをした男性は、正直なところ、見た目がとても好みである 男性でした。私が行ったパーティーでは、最終指名をする前に、相手に「私はあなたとカップルになり たいです」という紙を二枚まで書くことが出来、私はその人の名前を書いて出したのですが、相手から はその紙は頂けませんでした。

 

けれど、私はその方とカップルになりたかったので、最終指名の時にそ の方の名前を書いて提出。すると、相手も最終指名で私を書いてくれたようで、カップルになることが 出来ました。

カップリングした男性との、その後

パーティーのあと、二人で軽くビールを飲みに行き、連絡先を交換して、しばらくメールでのやり取り を続けていたのですが、不意にメールが途絶えてしまいました。私はそれまでのやり取りが楽しかった ので、「ああ、そんなものなのか」とがっかりしつつも、次のパーティーに行くことになったのです。

「本気」で結婚したいかどうか

婚活を始めた当時の私は、36歳。そんなに悠長なことを言ってられない年齢です。けれどその時の  私は、「本気」で恋愛したいとは思っていましたが、「本気」で結婚したいとは思っていなかったのだ ということに気づかされました。

 

それは、四回目のパーティーでカップリングをした男性と、初めて  デートをした時にわかったことでした。彼には、「自分は子供が欲しいと思っています。だから結婚し たいです。○○さんも同じ気持ちですか?」と言われました。

 
そう、彼は「本気」で結婚したいと思って婚活パーティーに参加していたのです。けれど私は、「本  気」で恋愛したいと思ってパーティーに参加しています。だから、初めてのデートでいきなり「結婚」 を強く匂わせる相手の出方に、すっかり気持ちが冷めてしまったのです。

 

婚活してみてわかったこと

「結婚」を強く意識していた相手は、とても誠実な方だったと思います。けれど一方の私は、その為の準備がまだ出来ていなかったのです。相手の男性とは一回きりのデートで、つれないメールをしたのをきっかけに、連絡が途絶えました。

 
彼には失礼なことをしてしまったかもしれませんが、私にとってこの経験はとても貴重なものであった と思います。自分が何を求めているのかがよく分かったからです。

 

36歳という年齢でも、自分はまだ 「本気」で結婚する意志がない、そのことをわかったことで、またもう一度自分を見つめてみようと思 うことが出来たのです。

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら