【35歳以上・女性】相手はいくらぐらいの年収の男性が現実的なのか?

とくに都市部にみられる晩婚化の傾向。

晩婚化が進んでいて、40代でも独身の男女は、世の中でも多く目にするように成りました。こういった傾向は、特に都市部で活発です。というのは、地方と違い、都市部では、周囲に居る人がみんな、自分の私生活を知っている、ということは少ないからです。ほとんどの場合、付き合いはビジネスライクで、私生活にまで立ち入って詮索されることはありません。だから、そんなに結婚適齢期を過ぎても独身でいることに焦りを感じにくくなっているのです。

 

でも、結婚はしたい。しなければならない。

かといって、年齢を重ねた男女が、いつまでも独身で居たいと思っているわけではありません。特に女性の場合、妊娠出産に年齢的な限界があるために、早いうちに結婚を済ましておかなけれなならない、という事情があります。また、年老いた両親を見るたびに、結婚への焦り、というものも生じてくるはずです。

 

では、どんな男性と結婚すればよいのか。

仮に、35歳の女性を想定してみましょう。35歳ともなれば、仕事にも慣れてきて、自立している場合もあります。もし結婚後の共働きを受け入れられるなら、結婚相手の男性には、しっかりした社会人であるのに加え、「一緒にいて安らげる、家庭的な人」という条件位しか課さないはずです。

 

年収が結婚において、重要な場合。

しかし、もし「もう仕事には疲れた…」という寿退職希望の女性の場合、結婚相手の男性の年収は、そのまま自分の将来の生活費にも成ります。だから年収が、非常に重要な要素に成って来ます。

 

結婚相手の男性の年収は、幾らぐらいが適切なのか

では、寿退職する女性は、相手の男性に、どのくらいの年収を希望するべきなのでしょうか。500万円というのが、現実的なラインでしょう。これは、相手の男性が、30代40代であることを考えれば、妥当なはずです。

 

年収で判断するのは危険

しかし、年収500万円での結婚生活が、ごく平凡だと思う女性は、それ以上の年収を相手に望むようになります。けれども、考えてみましょう。先ほど、共働きをするつもりの女性が結婚相手に望む条件として「一緒にいて安らげる、家庭的な人」というのを挙げました。しかしこれは、寿退社希望の女性も当然に念頭に置く条件のはずです。こう考えると、500万円以上の高年収の男性像は、その条件から、外れてしまうのではないでしょうか。なぜなら、高年収の男性とは、社会的に成功している人物です。成功には普通、時間がかかります。

 

このため、高齢者に成らざるを得ません。(そうでない、青年実業家を結婚相談所で「漁る」のは、いかがでしょうか。難しい賭けだと思われます。)自分より遥かに年上の男性。彼が、結婚相手の女性に希望することは一つ。「バックアップをしっかりしてくれ」です。そういった男性が、結婚相手と同じ目線でいることはできるでしょうか。難しいはずです。

 

「一緒にいて安らげる、家庭的な人」というより、家事育児を押し付けられてしまう、というのが実際の所ではないでしょうか。社会的に成功した年配の男性が、女性の言うことを聞いて、風呂掃除をしている、という光景は、想像しがたいものです。こう考えると、年収で秤にかけずに、「一緒に家庭を築いてゆく」という心構えで、結婚相手の男性を探してはいかがでしょうか。このことは、若い女性でも、年齢を重ねた女性でも、変わらないことなのです。

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら