【35歳以上・女性】女性の独身生活の限界は一体どれだけあるのか?

35歳以上の心の安定

35歳以上の女性にとって、結婚を考えたときに肯定的、否定的な意見が分かれることになると思います。もちろん、個人の自由であるということは大前提ですが、心の安定を考えると結婚は間違いなくプラス要因となることは間違いありません。

 

【1】急激な年収のダウンが独身だとリスク

35歳以上の女性となれば、職種によっては非常に経済的なな安定もはかれているかもしれまえん。しかし、体調などで一人の収入ではもちろん、急激な年収ダウン、働けなくなるというリスクを抱えていることはいうまでもありません。

 

そんなとき、結婚してダブルインカムになれば、いざお互いに何かあったとしても収入面では問題なく、経済的な安定感を感じることもできるわけです。

 

【2】一人で親を介護することの精神的辛さ

35歳以上の女性となれば、だれしもが直面するのが親をはじめとした介護の問題です。もちろん、結婚すれば、その介護する可能性の人数が増えてしまうことは間違いありません。しかし、気持ちの問題です。

 

一人で介護を続けていくことは自分自身の年齢が上がれば上がるほど辛く、しんどくなってくるものです。こういったときにパートナーがいるだけでも献身的な生活をしっかり続けていける要素になります。

 

【3】プライベートと仕事のバランス

次にプライベートと仕事のバランスです。仕事にかける思いにもよりますが仕事に35歳以上の女性が寄りかかっているとプライベートとのバランスが取れなくなってしまいます。そんなときにプライベートと仕事のバランスをとるために必要なのが結婚相手であり、パートナーの存在になるのです。

 

【4】独身だと交友関係が凄く狭まってしまう

35歳以上の女性の独身となると、どうしても交友関係も自分の趣味の範疇や仕事といったことになり、広がりが少なくなっていくことが考えられます。可能であれば、結婚を通じてパートナーの交友関係も含めた大きな交友関係に広げていけるはず。人生を長く楽しむにあたって非常に重要なことです。

 

最後に結婚とは人生の豊かさを補えるもの?

35歳以上の女性にとって、いろいろな人生の豊かさがあると思います。もちろん、仕事にかける、趣味にかける、人それぞれの豊かさはあります。しかし、何よりも人生の伴侶を得るということは何にも得難い人生の豊かさをもたらすものです。
もちろん、その人生のパートナー、伴侶を探すことは非常に大変なことかも知れませんが。35歳になって立ち止まって考えたときに結婚という選択肢は大いに考えるに値する選択肢の一つかもしれません。

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら