「私ってもう結婚できない?」そんな不安を解消するための結婚・婚活情報メディアです。婚活サイトや結婚相談所の利用はどうなの?35歳40歳以上の女性への情報も盛りだくさん。実は男性の婚活にも活用できます

【現実】36歳・女性が結婚したい場合にはどうすればいいの?【対策】

35歳で結婚しないといけないと言われる理由とは

今、独身女性の中には、「35歳で結婚しないといけない」と口うるさく親から言われているという方も多いと思います。

36歳ではなく、なぜ35歳なんでしょうか?

 

そして自分はまだまだ結婚はしたくない、と考えていたとしても、周りが結婚しなければいけない、と言ってくる場合が多いですね。これはいったいなぜなのでしょうか。
まず、35歳までに結婚をしないことで、かなりさまざまなデメリットがあるといわれています。
たとえば、老後の問題です。

 
35歳で結婚できなかった独身女性は、生涯独身であるという確率が高まっており、今のうちに相手を見つけないと、ずっと独身である可能性が高いといわれているのです。

 
生涯独身の場合、一人で老後を過ごすということになり、さまざまな問題が出てきます。
このため、将来のことを考えている親などは、不安に思うということなのです。

 

 

子供を産む場合高齢出産となり、リスクが出てくる

また、35歳までに結婚できないと、どういったデメリットがあるか、というと大きな問題で妊娠出産の問題があります。
女性の場合、35歳以上で妊娠、そして出産をすることは、非常にリスクが高いといわれています。

 
高齢出産は、母子ともにリスクが高いといわれており、たとえば、生まれてくる子供に障害があったり、またダウン症などのリスクなどがあります。

 
さらには、高齢になると、また、妊娠が出来ない可能性もあります。
卵子と言うのは、年齢と共に減少する傾向にありますので、高齢になると、妊娠をしづらくなってしまうというデータがあります。

 

このことから、35歳以上の妊娠は、厳しいといわれているのです。
こうしたことから、人は35歳までに結婚をするように、言うことが多いのです。

 

 

女性の場合は、妊娠、出産と言うイベントがありますのでこうしたことを考えると、若いほど良いといわれているのです。

 

 

結婚のタイミング

結婚のタイミングは誰にでもあると思います。もちろん、自分自身で婚活をすることなく、若くして結婚した場合にも実はそのときこそがタイミングになるわけです。

 

しかし、30歳を超えるころにはこの結婚のタイミングも自然におとづれるというよりも自分自身で相手を探し、そして結婚をしっかり意識することでタイミングを自分でひきよせるということが出てくるのではないでしょうか。

36歳という年齢について

だからこそ、30歳を超えて、36歳というとある意味結婚適齢期の範囲で言うと、ちょうど最後のタイミングにさしかかっているという考え方もできます。

 

仮に自分自身が結婚を志そうと30歳過ぎから活動を始めていれば、結婚生活に必要な素養も同時に備わってくることは間違いないので36歳という年齢は非常に結婚に適した充実した年齢であるといえるのではないでしょうか。

 

逆に男性から見た場合、36歳の女性というのは年上であろうと年下の男性であろうと非常に人間として充実した年齢ととらえてもらえることが多い年齢でもあります。

 

出産を考慮した場合の結婚について

最後に出産という観点から見てみましょう。もちろん、40歳という年齢での出産は母子ともに負担がかかります。しかし、今の時代。35歳での出産とあればそれほどリスクを伴うものでもありません。出産は若ければいいというものでもありません。

 

人間として確立していない年齢で出産して子供を育てられないという悪いパターンを考えると人間として大人になり切ったこの35歳での出産は非常に合理的で子供にとってもありがたいことだといえるのではないでしょうか。

 

からこそ30歳から35歳の間にしっかり結婚する女性としての素養を身に着け、男性も探し、最終的には出産まで終えるという人生設計を検討することが非常に合理的だといえます。

 

 

男女の出会いについて

「男女の出会い」は10代、20代からはあまりにもつくられたものである必要もありません。あくまでも自然にということのほうが望ましいかと思います。

 

しかし、社会人になると男女の出会いは積極的に合コンや友人の紹介、婚活パーティなどに参加していくことも必要になってくるのではないでしょうか。もちろん、年齢に応じた出会いを求めることも肝要であると思います。

大人の趣味の時間のあり方について

ですが、30歳を超えたころになると少しずつ前述のような自然な出会いや合コンといった出会いの機会が少しづつ少なくなっていくことが課題になってきます。

 

特に女性が35歳を超えたとき、そう36歳ともなると同性、異性ともこれまで普通に友人関係を続けていた人間が結婚していく、さらには仕事がさらに忙しくなり、出会いの場が少なくなっていくタイミングでもあります。

 

だからこそ、何か自分が取り組める趣味を大人として持っていくことが重要になってきます。それはもちろん、リフレッシュのためでもあり、時間を有効に使っていくことを第一義であることはいうまでもありません。せっかくの休日や空き時間に必ず必要なものです。

趣味を通じて出会いにつなげるということ

 

そして、自分自身が取り組める趣味があれば、男女の出会いにもつながります。こうした場所での出会いは深いつながりにも発展する可能性が高いからです。

 

同じ趣味を持つ男女同士であれば、趣味以外の会話も弾みます。

 

また、同じ趣味ということで価値観も共有しやすいところがあるといっても過言ではありません。決してつくられて出会いではなく、36歳という年齢にして自然な男女の出会いであるということがよいところでもあります。

 

男女の出会いにつながる趣味。大人のたしなみとしても何等か身に着けておいた方がようでしょう。

なぜ結婚できないのか?をジャッジされています。

 

まず、未婚だと知ったときに、この女性は結婚しないのか?出来ないのか?を見られます。とても極端に言えば、容姿端麗でキャリアウーマン、女性らしさも十分なのに独身だとしたら、何かの理由で結婚していないのだな、と思われます。

 

逆に、容姿端麗でも、結婚に焦りを感じている様子が見て取られると、何かの理由で結婚出来ないのだな、と思われます。結婚したいという気持ちを前面に出すと男性が引いていくのでは、本末転倒です。ではどう見られたら結婚相手を引き寄せる事が出来るのでしょうか?

 

 

男性が結婚相手として求めているものは?

女性の色気たっぷりで男性がついつい見てしまう女性らしさを持つ方も多く居ます。

 

ですが、それは色気に惹かれた「女らしさ」に惹かれているだけなので、男性に「付き合いたい」とは思われるかもしれませんが「結婚したい」とは思われないものです。

 

 

外見的な美しさだけでなく、女性同様、男性も結婚相手として共に家庭を支えていける人か、をとても見ています。

「余裕のある自分」を前面に

結局男性が結婚相手=家庭に求めるものは、居心地の良い場所です。家庭を守るだけの、衣食住に関する知識や維持するための技術(料理や洗濯、親せき付き合い等)またそれに対峙する覚悟、があれば自信となって前面に出てくるものです。

 
本当に女性が結婚したいのであれば、自分の理想ばかりを追い求める姿勢ではなく、男性を受け入れ、支えるという姿勢が大事です。

 

とても固い書き方になってしまいましたが、結論は、内面に磨きをかけて自信を付ければ自ずと見た目も自信や結婚に対する余裕が見られてくるものです。

 

結婚はスタートに過ぎません。結婚を希望するなら、男性に気に入られる容姿に気を使うばかりでなく、家庭に対する知識と技術を身に付け「自信に満ち溢れた女性」に見られるといいでしょう。

 
結婚をしたいと思う場合や婚活などを始めた時には少しでも有益な情報を取り入れていく事が大切です。新しい出会いを探す為には様々な人と触れ合ってみる事が必要ですし、その環境を自分で作っていくという必要性もあります。

 

特に36歳の女性が結婚したいと思う場合に、人との繋がりや視野が狭ばっているという場合もありますので、同窓会はある意味チャンスなのです。

 

 

同窓会では独身である事を伝えた方が良い

 

同窓会に行った時にはもちろん「自分が独身である」という事と「結婚をしたい」という気持ちを持っているという事も伝えておいた方が良いでしょう。

 

同級生の中には、結婚を考えている男性との繋がりを持っている人が居る場合もありますし、素直に話をしておくことにより、良縁を導く場合もあるのです。

 

また、同級生の中には独身の男性が居る場合もありますので、それが結婚への縁になる場合もあります。

 

ここで見栄を張ってしまっても本当に何のうまみもありませんので、ちょっと恥ずかしくても我慢して素直に伝えるようにしてください。使えるタイミングや事は上手に使っていきましょう。

「同窓会」は情報を得る良い機会

 

同窓会は久しぶりに会う同年齢の人の結婚への価値観を聞き出せる良いイベントでもあります。既に結婚した人もいるでしょうし、どんな出会いから相手と知り合ったのか、結婚に臨む前にやっておくべきことなど、同性の旧友から情報を得られる良い機会です。

同窓会では同年齢の女性と自分の比較ができる

 

同窓会などを行うと同じ年齢の女性の服装などもチェックすることができます。

 

男性から見れば、付き合いやすい女性のタイプというのもあるものですし、男性ウケするメイクや立ち居振る舞いまでも、これだけ同じ年齢の人が集まれば見ることができるでしょう。それを参考に今後の婚活に活かす事もできるのです。

 

このように、同窓会から得られる人との縁や情報は非常に大切な物ですし、同窓会を活用すれば今までの婚活の考え方が全く変わってしまうこともあります。

 

ですから、このようなイベントにも積極的に参加しておくことが大切です。

 

 

36歳女性が結婚したいと思った時にとるべき行動

仕事も恋愛もそれなりに場数を踏んだ30代なかばの女性はとても魅力的です。
ですがこと結婚に関しては酷な事を言うようですが、やはり20代女性の方が有利です。

 
妊娠、出産は健康な女性であれば40代でもできることです。
ですが、子どもを育てるということはお金もかかりますし、何より体力勝負です。

 
そう考えますと若い女性の方が働ける年数も多いですし、個人差はあれ体力もあります。
つまり結婚したいと思ったら無駄に時間を使うのは止めることです。

 

結婚願望のない男性と付き合っている時間はありません。

お互いに好意を持ちおつきあいをしたとしても、結婚願望がそんなに強くない男性とつきあっていては仕方ありません。

 
恋愛はいいけど、今はまだ結婚は考えられないなどという考え方の男性がつきあっていくうちにだんだん結婚願望が芽生えてくるということも十分ありますが、それを見極めるのにどれぐらい時間がかかるのでしょう。

 
1年、2年でしょうか。36歳の女性にとっての1年はとても大きなものです。
たとえば今すぐに結婚して妊娠したとしても、出産する時は37歳になっているわけです。

 

結婚相談所の最大のメリット

自由恋愛じゃないと結婚したくない、結婚相談所は抵抗があると思っている方もいると思います。
ですが36歳女性が結婚したいと思うのであれば利用しない手はありません。

 
まず結婚相談所の最大のメリットは、そこで出会う男性は全員「結婚願望がある」ということがはっきりわかっていることです。
どういう素性の方かもある程度最初からわかっているので既婚者に独身だとだまされて遊ばれて・・・などというリスクはありませんよね。

 

早く結婚したいと思ったら、早く結婚できる手段をとるべきです。
結婚したいという男性を紹介してもらえる結婚相談所へ行くのが一番ベストな方法だと考えられます。

 

結婚相談所を利用する場合は一体どこが一番安くて質が良いのか?【評判・口コミ・ランキング】

関連記事

最新記事一覧

管理人

スクリーンショット 2015-08-02 9.43.29

管理人=月子
年齢=現在39歳。結婚は36歳。

三十路を過ぎてから私もそろそろ結婚したいなと思うようになり、婚活サイトを利用して今の旦那と出会いました。

私のように三十路を過ぎてから結婚したい!
と思っても結婚相手がちゃんと見つけるにはどうしたらいいのか?といった情報を入手できるサイトがあまりなくて、だったら私が作れないかなと思って、この【晩婚のススメ】を運営し始めました。

現代の女性は昔ほど婚活サイトへの偏見はなくなってはいますが、それでもまだ婚活サイトの魅力を多くの女性は見落としている気がします。

若い人なら、婚活サイトを使わなくても出会いはあると思いますが、30代を過ぎてくると職場と家の往復で「出会い」なんてそうそうないですよね?もろ私がそうでした・・・。
寂しさのあまり帰り道に見かけた猫に話しかけたりなんてしょっちゅうでした><

それで結婚に絶望的になっちゃうんですが、婚活サイトは少ない労力で理想の男性を見つけられるので、やってみると分かる便利さがあります。私はブライダルネットで今の旦那と出会いましたから。

結婚相談所は確実に早く結婚したい場合には婚活サイトよりも有効です。私の友達M美が36歳の時に結婚相談所のおかげで素敵な男性と出会えたらしいです。
その時、利用したのがゼクシィ縁結びカウンターだったらしく、値段が高い=成婚率が高いわけではないんだなーと感じました。

実は私の父も結婚相談所を利用して結婚していますので、私にとってはとても身近な存在です。

このサイトも婚活サイトや結婚相談所の体験談を募集していますので、一読してもらって利用してみるかどうするか参考になればうれしく思います!