【現実】35歳・女性が結婚したい場合にはどうすればいいの?【対策・問題・方法】

35歳の女性が結婚する場合には、どのような方法が現実的になるのかについて話していく記事です。

しかし、本題に入る前に、35歳女性が結婚する際に、必要な客観的な情報を先に話していきたいと思います。

 

女性の結婚適齢期

女性の結婚適齢期は、12月25日を過ぎると安売りされるクリスマスのケーキに喩えられ、25歳までに結婚していない人の価値はぐっと下がるなどと揶揄されたりすることがありますが、これは結構昔から言われだしたことです。現在は果たしてその通りでしょうか?

 

現実はずいぶん変わってきているように思います。

 

高齢社会の到来、孤独死の問題

先日、「孤独死」について調べる機会がありました。たった一人でだれにも看取られないまま死んでいく。

時には、死後数日経ってから死んでいるのが発見されるという孤独死。

 

現在、東京都内だけで年間およそ2,000件、全国的にはおよそ30,000件あるということで、けっして対岸の火事ではありません。われわれが思うよりずっと身近な問題になっています。

実際、身近にそんな体験をした女性の考え方は確実に変わってきています。

 

生涯を支え合うパートナー作り

現在、40代や50代にも独身男性は多くいますが、その人達の危機感は急速に増してきているようです。

 

生涯独身で気楽に生きられれば幸せと思っていたところが、孤独死の現実を見ると、さすがに自分がそうなりたいと思う人はほとんどいないでしょう。

 

 

皆が皆、できれはそうはなりたくないと思うのが正直な所です。

 

それで、前向きにパートナーを探したいという傾向は確実に高まっています。
35歳の独身女性というと、もう既に何かの仕事を持っていて、自活できている人が多いですから、そのような生涯を共にするパートナーとしてはうってつけです。あとは、お互いの人生を尊重し合って、あまり我は張らない。他人に受け入れ難いこだわりはできればなくした方が結婚できる確率は高くなります。

 

結婚生活には恋愛感情よりも、むしろ運命共同体というような意識の方が大切だといわれています。無理な我慢をすることはありませんが、他人に受け入れやすい自分を作ることは、自分にとってもいいことなのではないかと思います。

 

一般的な女性の結婚年齢は「30歳」

今の日本社会の女性の初婚の平均年齢は30歳に近づこうとしています。

 

もちろん、初産も30歳を超えてからというパターンが増えており、ひいては2人目、3人目の出産に年齢的に踏み切れない要因ともなっているため少子高齢化が進むという構造が見えてきます。

 

もちろん、仕事、金銭面と複合的な要素が絡んでいますが初婚の高齢化も大きな要素です。こうした統計から見ると35歳までに結婚している女性の方が多いという見方も可能です。逆に35歳を超えてからまだ未婚である場合、その10年後も未婚であるという統計も出ています。

 

ここにはさらに、いくつかの複合的な要素が絡んでいると考えられます。結論から言うと結婚をするなら35歳までに考えたほうが得策であるということです。もちろん、統計上だけの話ではありません。

 

「35歳」までに結婚しておいた方が良い理由

前述の統計から見た通り、36歳になるまでの35歳までに結婚の準備をしていない場合、逆にその後も結婚しないというパターンが見られます。では、その理由はなぜでしょうか。まず一つ目は金銭面です。

 

女性自身が、35歳ともなると経済的に自立できているので結婚の必要性を感じなくなることもあります。

 

2つ目にライフスタイルです。35歳以上になると前述の通り経済的にも自立しているため、自分自身のライフスタイルを確立しており、「時間の使い方」「ストレス発散・リラックスの仕方」「趣味」などがしっかり固まっていることが多いわけです。

 

だからこそ、精神的にも経済的にも男性と共同で確立していける年代で結婚を志した方が良いということになるわけです。

 

もちろん、「仕事に注力したい!」という女性や「仕事プライベートを両立したい!」という女性、いろいろなタイプが存在するので一概には言えません。しかしながら、統計として上記の内容を踏まえるのは結婚への活動をする上ではあなたを有利にしてくれる前情報です。

 

そして3つ目に、高齢出産があります。

 

 

35歳、高齢出産の問題がやはり無視できないのか?

 

女性は35歳以上になってくると高齢出産となり、子供を授かることが少しづつ難しくなっていくためです。

それを知っている男性達からすると、35歳女性の価値は34歳以下の女性と比べて下がってしまうというデメリットがあるわけです。だからといって、35歳の女性は男性と結婚できないのかと言えば、そんなことはまずありえません。

 

考え方が多様化している現代では、子供はいらず良いパートナーがいれば良いと考える男性も多いため、

35歳以上だからと気を落とすことはないので安心してください。

 

 

ただし、やはり35歳ならではの出会い方を試していくべきなのは否めません。

そのもっとも有効であるとされる一つが結婚相談所です。

 

なぜ35歳の女性にとって結婚相談所が有利なのか?

35歳の女性が結婚相手をスムーズに見つけるのには、結婚相談所に登録するという方法が最も有効であると考えられています。
なぜ、結婚相談所に登録するのが、有効だといわれているのでしょうか。

 

まず、結婚相談所では、結婚相手を探している独身男性が非常にたくさん登録しています
ですので、さまざまな出会いの可能性があるだけではなく、こうした男性に需要があることが多いのです。

 

 

ただし、35歳で高齢出産となりリスク自体はあるため一応頭に入れておいてください。

女性が35歳で出産する場合、高齢出産だがどれだけのリスクがあるのか?

 

例えば、こうした結婚相談所では、様々な年代の男性が登録していますので、35歳女性の場合、若く見られる場合も多いですし、そのため声もかかりやすくなります。
また、自分の好みの男性と遭遇する確率なども普段の生活圏内と比べるとグンと高まるのです。

 

普段出会えないような人と出会える

また、こうした結婚相談所に登録することで、普段出会うことが出来ないような人(弁護士、医者、会計士、消防士や刑事などの公務員)と出会うことができるというメリットがあります。

 
たとえば、35歳の女性の場合、「職場」や「友達つながり」また、「知人」などの紹介では、上記に挙げた男性とは知りあうことがかなり難しいです。

 

 
また、35歳になると、周りも結婚をしていたりしますので、なかなかお声がかからないというのも現実です。現実的に考えて友人nや同僚などからの紹介では理想とする男性を見つけることは困難でしょう。

 
しかし、結婚相談所では、日本全国から色々な職種の男性を会員としているため普段出会えず接点のない人とも出会うことができ出会いの幅が極端に広がるのです。

 

 

 
また、結婚相談所では、実績が必要とされているケースがありますので、出会いなどを積極的にセッティングしてくれることもありますし、フォローなども行ってくれるのです。
なので、入会さえしていれば自分から動かなくても「男性との出会い」が舞い込んでくるという場合も多々あり、性格的に消極的な女性にもピッタリとなります。

 

インターネットを主軸に使う「婚活サイト」では、これがなかなかできません。

 

どうしても良い男性にアピールし、メッセージのやりとりで魅力的に自分を映せないと勝負にならないからです。

消極的な女性にはあまりうってつけの方法とは考えにくいでしょう。

 
こうしたことから、結婚相談所には、

 

・35歳という年齢の女性

・出産できない可能性がある女性

・恋愛に奥手・消極的な女性

・メールなど頻繁に細かいことをするのが面倒だと感じる性格の女性

 

などの方々に特に大きなメリットがあると言われているわけです。

 

婚活サイトで苦い経験がある

ネットの婚活サイトなどを利用し、婚活をしたことがある女性も多いと思います。
しかし、こうした婚活サイトを利用したけれど、「うまくいかなかった」という方や、また「嫌な経験をした」と言う方も多いと思います。

 
例えば、良い男性に出会うことが出来なかったり、また「会ったけれど、全く好みではなかった」など、無料であるという点や、気軽な分、嫌な経験をしてしまう性質があります。

 

「無料=気軽」何もあなたが利用する際に感じる感情ではなく変な男性もあなたと同じように「気軽」だと感じているわけです。

そのため、気軽に女性と遊べないかと考える男性も無料の婚活サイトには多く存在しています。

 

結婚相談所ならばうまくいく可能性も

35歳女性で、結婚に焦っている場合、また婚活サイトで嫌な思いをしたことがあるという場合、結婚相談所の場合なら、上手くいく可能性が高いです。

 

例えば、婚活サイトの場合は無料で登録できることが多いということから、前述の通り、あまり条件として良くない男性も登録していることになります。

 
ですので、嫌な思いをすることはまず避けられません。

 
しかし、結婚相談所の場合は有料ですし、また「身分証明書」「年収500万円以上の収入証明書」などの提出が義務となっているなど、しっかりとした身分の人(サラリーマン以上の男性)が多く、社会的マナーを身に着けているため嫌な思いをすることも極端に少ないといえるでしょう。

 

遊び・冷やかし目的の男性は少ない

こうした結婚相談所の場合は、冷やかし目的の男性は登録していないことが多いです。

 

理由としては、「お金を月額払ってまで冷やかしはキツイ」というのが理由です。つまり、会員になっている男性は少なくとも真面目に結婚を考えている男性であることがほとんどです。

 

そのため真剣に結婚を考えていて、あまり無駄な時間を使いたくないと思っている場合には結婚相談所というサービスは非常に有効な手段になりえます。

 
また、こうした結婚相談所の場合は、さまざまな年代(20代男性~80代男性)の男性が登録しています。
もちろん35歳女性でも十分に需要があることが多いわけです。

 
年齢を気にしているという女性や、また「結婚を真面目に考えている女性」ほど、結婚相談所はこれ以上ない有効な手段であると受け取ってもらって間違いがありません。

 

 

ただ、最終的に結婚相談所を利用するかどうか決めるのはあなた自身ですので、

その点だけは、消極的な性格だとしても、積極的な判断が一度、必要になるかもしれません。

 

まずは当サイトが口コミを元にランキングを作成してみましたので、よろしければ、そちらを参考にされてみてはいかがでしょう。

結婚相談所を頂いた口コミからランキング化

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら