【現実】34歳・女性が結婚したい場合にはどうすればいいの?【対策・問題・方法】

34歳女性の方が結婚する場合にどうすればいいのか?具体的な方法をお伝えしていきます。

実際に出ている数値などを用いて現実的な話をしていきます。

 

 

他にも男性からどう見られているのかを知ることで対応も変わってきます。

もしかすると心苦しい箇所も多少出てくるかと思いますので、それを踏まえた上でご閲覧ください。

 

半分以上の女性が34歳で結婚をしている?

 

実は平成22年度に総務省が国勢調査を行ったデータによると、34歳までに結婚を済ませている女性はなんと56.9%と半分以上にも上っています。

 
34歳ともなれば、そろそろ30代後半にも差し掛かり始める大切な時期。出産のことも考えると身体的な意味で早めに結婚を決めたいところです。

 

特に35歳を超えると、急に出産のリスクが上がります

 

例えば、出産した子供がダウン症になる確率は34歳以前で0.1%ですが、35歳以降では0.3%、更に40代以降は1%とこんなにも跳ね上がります。

 

また高齢出産になってくると、母体への健康リスクも様々ですから、やはり子供を持ち立ちと思うなら早めに結婚を決めるべきでしょう。

高齢出産はどれぐらいの危険性・リスクがあるのか?

 

男性と付き合ってから結婚にこぎつけるまで時間もかかります。まずはお相手探しから始めるしかありませんが、現在過ごされている生活圏内で相性の良い理想の男性を見つけるのは至難の業になってくでしょう。

 

考えられるのは今までやったことのない方法を試してみる方が勝率は高くなります。

 

【方法1】婚活サイトで結婚相手を探す?

女

家と会社の生活圏内で、理想の男性が見つからない可能性はとても高いです。

そこで利用できる方法の一つとして会員制の「婚活サイト」が挙げられます。

 

婚活サイトというと、危険なイメージが多少あるかもしれませんが、出会い系サイトとは違って、顔写真入りの身分証明書や収入証明書などを提出しなけば会員になれないサービスが多い上に、月額2000円以上は確実に掛かるため冷やかしで参加するにはハードルが高いです。

 

さらに最近は内気な男性が増えてきていることで、職場内恋愛に対して臆病になり、出来れば知り合いにバレたくないという理由から婚活サイトに登録をして異性を探しているも多くいらっしゃいます。もちろんこれは男性だけではなく女性もです。

 

婚活サイトで男性を探す上でのポイントは、自分から相手にアプローチをすることです。先に当たり障りないメールを送ってくる男性には、とりあえず誰でもいいから、という理由で一斉に大量の女性にメールを送っている可能性が高いです。

 

婚活サイトでは女性の利用が無料であるケースが多いので、男性からのメールを待つよりも自分から色んな人のプロフィールを見て、自分の好みに合う男性を探した方が明らかに効率が良いということが言えます。

 

効率という意味で言えば、無料の婚活サイトはおすすめできません。身分を偽っている方が多いうえにサクラが多数存在するため、ちゃんとした男性を探し出して出会うのは容易なことではありません。

 

そのため、婚活サイトで婚活を行う場合には有料のしっかりとしたサイトで行うように注意してください。

有料の中ではブライダルネットエキサイト恋愛結婚がとてもクオリティーが高く、下手に高額な結婚相談所よりも優れた質をしています。

 

もしかしたら、普通じゃ出会えないような男性との恋愛が実現するかもしれません。

例えば、あなたが事務職ならば医者の方や弁護士の方などとも出会える可能性があります。

 

34歳女性を男性はどのように見ているの?

dansei

34歳女性のことを男性からは、どのように見られているのか気になる方も多いと思います。
34歳女性が、男性からどのように見られているかということですが、まず男性からは残念ながら、「売れ残ってしまっている」または「恋愛対象外」である、と思われている可能性が高いです。

 

非常にルックスの良い女性ならまた話は別となりますし、もちろん30代女性を魅力的であると感じている男性もたくさんいます。
しかし、20代後半の男性や30代で同年代の男性は、基本的に女性の若さを重要視する傾向は事実で34歳女性となると、結婚市場において、子供を産めないのでは?といった可能性がちらつき、不利であるということは間違いありません。
30代前後の女性と比べると、やはり出産などで劣っていると思われてしまうこともあるのです。
ですので、こうしたことを頭に入れておきながら自分磨きをしていく必要性があります。

 

 

 

34歳女性は、何に気を遣うべきなの?

34歳女性が魅力的でないと思われてしまう原因の一つに「肌の老化」がまず挙げられます。

 

 

肌の老化は、葉酸が体内に足りなくなり、若さの源である女性ホルモンが極端に減少することで起こるのです。

でも、葉酸を食事から摂取することは尋常ではない量のレバーやパセリを食べなければなりません。

 

 

これら2つは人によってかなり毛嫌いされる食べ物です。

「これを毎日コップ2杯以上食べてください」なんて常人でも苦行すぎます。

 

それでも、肌年齢を若く保ち、女性としての魅力を維持するために葉酸は必須です。

そこで、手軽に葉酸を摂取できるサプリメントを服用するのがもっとも一般的となります。

 

とはいっても、どんな葉酸サプリがベストなのか判断するのは難しいでしょう。

 

そこで、おすすめなのが、厚生労働省が推奨している種類の葉酸を含んだベルタ葉酸サプリです。

国が推奨しているものならば、一定以上の効果は必ず期待できますし、単純に葉酸の量も多いのなら、それに比例して効果も高くなります。

 

この葉酸サプリを用いて、肌年齢を保ち、女性としての魅力をさらに伸ばすことで、男性からも好意的な目で見てもらえる確率が高まります。

 

34歳女性が、恋愛に奥手になってしまう理由とは?

34歳の女性で、今まで恋愛において苦い経験がある場合、恋愛自体に奥手になってしまっているという方も少なくないでしょう。
失恋で苦い思いをしたことがある場合や、また恋愛で悲しい思いをした場合、男性との恋愛自体に臆病になってしまい「なかなか恋愛が出来ない」とケースも多いです。
特に34歳となると、守りに入ってしまうことが多くなってしまいます。
「過去の苦い経験をまたしたくない」というトラウマに似た思いなどがあったり、「どうせ私なんて、恋愛に向いていないんだ」と思い込んでいる場合などがあります。

 

しかし、ふさぎ込んでいるばかりでは状況は変わりません。

 

まずは出来るところから始めてみるのはどうでしょうか?

 

 

例えば、自分の興味のあるジャンルや好きな趣味を共有できそうな男性を婚活サイトで見つけてアプローチをしてみるという手があります。

 

ツイッターやフェイスブックなどのSNSでも、マニアックな趣味をしている男性を見つけることができますし、その人たちは結婚したいという明確な意思があります。

 

 

現実世界の生活圏内(リアル)で趣味の合った男性を見つけられても、結婚したいかどうかを判断するのに2、3年は少なくとも掛かるでしょうから時間の消耗と途方もない労力が掛かってしまいます。

 

その点、婚活サイトであれば、結婚したいために登録しているので、結婚の意思はすぐに判断することが可能です。

自分の価値観や金銭感覚と相手男性が合うかどうかだけ見ていれば良いので、普通に結婚相手を探すよりも労力は少なくすることが可能でしょう。

現代の男性について

結婚したいのにできないと思う原因の一つとして、価値観が変わってきているという現実があります。

 

 

そこの認識を間違えると大変なことになってしまうので、まずは現状認識をしていきましょう。

是非、婚活をする場合の参考にしてみてください。

 

趣味に没頭し、移住したいと思っている男性

一昔前までは、男性は結婚して子どもを持ってこそ一人前、という価値観が主流でした。(善悪は抜きにしてください)
しかし、最近は結婚をせずに仕事や趣味に打ち込んだり、結婚を目標とせず早期リタイアで移住生活したい、というように価値観が十人十色になり、多様化しています。いきなりこうなったのではなく、結婚して一人前という価値観が普通の時から、少数ですが、あったわけです。それが徐々に母数を増やしていったために価値観は多様化しました。

 

しかし、これは民主主義らしくなったとも言えますね。

 

ただ、この記事を読まれているあなたの目標は相性の良い男性と結婚することなはずです。

 

 

そのため結婚願望の無い男性と付き合ってしまうとなかなか結婚までに至らず「自分は女性として価値がないのだ」とふさぎこみがちになってしまいます。
できれば「結婚を考えている自分と近い価値観の男性と出会いたい!」これは誰もが願うことですが、価値観が多様化している今、これほど難しいことも少ないのです。

 

でも、その難しい状況を容易にする方法も実はあります。

 

価値観が多様化している現代の切り札

 

そんな価値観が多様化している近年でも、婚活サイトや結婚相談所に登録する人は自分が望む価値観の男性と結婚できている比率が高い傾向にあります。

 

 

理由はさきほど少々触れましたが、両者ともに結婚を望んでいる人というのは確定しているので、自分と価値観が近い人を見つける作業だけに注力することができるため価値観があった男性と出会いやすいのです。

 

男性と付き合ってから、やっぱり結婚できないということで時間を無駄にすることは可能性は極めて低いです。
しかし、一方で婚活サイトや結婚相談所に登録している人なんて、、と躊躇する人もいます。

確かにその気持ちもわかります。
男性はもともと多くのことを同時並行的に考える能力が女性より劣っていますので、仕事で一心不乱になってしまったゆえに結婚できないという人もいます。(不器用な職人が男性に多いイメージはここから来ています。)

 

したがって登録したからと言って実生活で相手と出会えない欠陥がある人ばかりではないのです。むしろ、とても真面目で紳士な方が多くいます。

 

自分の結婚観を形にすることができる

「婚活サイト」や「結婚相談所」を利用することの女性側の最大のメリット。

それはもちろん一生添い遂げることのできる相手を見つけられることです。

 

それと同じくらいメリットがあるのが、「自分が結婚生活に何を求めているか?:そして「何を捨てることができるか?」が明確にわかる点です。

 

仕事を捨てられない、実家から出られない、自分がそう思い込んでいるだけで実際はそうでないケースも多くあります。

 

プロの相談員の方に相談したり、実際に婚活する中で自分の理想の結婚像が見えてくるというメリットもあります。話して初めて自分のことが分かる場合も多々あります。

 

 

35歳までが男女とも結婚のターニングポイント

現在の日本の平均初婚年齢は女性も30歳の大台に乗ろうとしています。もちろんこの平均値から見ると34歳という年齢はぎりぎりのラインに立っているといっても過言ではありません。
また、年齢的に35歳を過ぎてくると男女ともに自分の世界が確立してしまい、いかに魅力的な女性であっても、男性との共同生活がベースとなる結婚に実際にあこがれを抱くことができるかどうか、また実行できるのかどうか難しい場合も出てきます。

 

いわゆる自分の生活リズムが出来上がっているのでそれを変えることが難しくなるというわけです。

 

34歳は結婚をするに実は適した年齢

35歳がターニングポイントと記載しましたが実は平均初婚年齢よりも若い場合は、今の精神年齢から見るとまだまだ男性、そして親族との付き合いに不安を残すような場合も見られます。

 

逆に30歳を超えて、34歳となれば、社会人経験も豊富であり、男性側の親族や友人関係、仕事での付き合いも無難にこなせるだけの素養が備わっている場合も多くなります。そういった意味では男性の年齢が自信より上でも下でも問題ないという年齢であるといえるかもしれません。

 

出会いの場としての「結婚相談所」

では、どうやって出会いを見つけていけばいいのでしょうか。

 

まず、臆することなく「結婚相談所」に登録して利用してみましょう。もちろん、周りの男性を紹介してもらうことも一つの手ですが結婚相談所に登録することで自分自身の希望に出来る限り沿った条件の男性を探してくれます。紹介では、あなた自身の友人に頼ることになってしまい、どうしても限界が見えてしまいますし、友人に頼むのもなんだか恥ずかしいものです。

 

その点、結婚相談所ならお互い結婚を希望している男女との出会いを待っているので、「結婚したい!」という気持ちを表に出しても何も恥じる必要もなく、むしろそれが普通となります。さらにお互いが結婚したいのだから、最初からベクトルが違って話にならないということは、まず少ないと思います。

 

もちろん自由な、そして自然な形で異性との出会いが豊富な場合は、「結婚相談所」というのは必要ないかもしれませんが、そうでなく、なるべく良い男性を確実に見つけて結婚を考えたい場合なら、ぜひ活用してみる価値のある良いサービスだと感じます。

 

今の時代は結婚相談所と言っても色々とあり、

最近始まったサービスなどでは、クオリティは10万円レベルのものが3万円で利用できてしまうゼクシィ縁結びカウンターという所もあるのです。

現代では、利用しない方が機会的に損になってきているかもしれません。

 

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら