【後悔する前に!】40代独身・更年期障害などで結婚できなくなるのか?

20代の頃はまだ周囲に独身の友達も多いでしょうし、30代になると仕事での責任が増えてやりがいを感じるようになります。

しかしその仕事でのやりがいが危険になってきます。

40代になり気がつくと周りは皆結婚していて自分だけが取り残されていることに気がつくのです。そしてそれまで頑張って取り組んできた仕事は男性との差異を大きく感じるのが40代です。女性の場合は昇進が難しく年下の男性にどんどん抜かれることになってしまいます。

 

災害時に独り身の辛さを感じる

また台風で停電したりとか地震といった災害時には独り身の辛さをひしひしと感じる40代女性は多いと言えます。

普段は独りでも平気と強がっていてもいざという時に頼れる男性がいるのといないのとでは全然精神的な安定感が異なるということがでてきますし、会社では強い女性を装っていても心まではさほど強くなれないのが現状なのではないでしょうか。

 

40代半ばくらいから更年期障害が始ります

女性ホルモンが低下することで心身に様々な不具合が生じた時に、誰かに支えて欲しいと思う女性は多い筈です。また40代になり自分の子供はもう生むことは出来ないだろうなと思うと逆に欲しくなってしまうなんて人も少なくない筈です。最近は旦那は居なくてもいいから子供だけでもなんて考えの女性も増加傾向にあるみたいです。

子供だけでも欲しいと思う女性が増えている背景

自分が老人と言われる年になる頃には当然自分の親は既に亡くなっているケースが多いと言えますし、兄弟も年老いています。さらに兄弟が結婚している場合はどうしても距離が空いてしまうものです。そうなると自分の家族と言える存在がいなくて寂しいと思うことが多くなりますし、体が元気な時はまだいいのですが、体が弱れば当然それに引きずられて心も弱ってしまいます。

 

40代で結婚したいと思っても結婚相手を見つけることは難しい

何故なら同世代の大半は既婚者ですし、そうでない場合でも結婚を求める場合は子供が欲しいと思う人が多く、そうなると年下の相手を希望する男性が多いのです。ですが実際の所男性にしろ女性にしろ35歳を過ぎると結婚できる可能性は一気に下がります。統計では女性が2%、男性が3%といった数字であったのを記憶していますが、40代ならさらに下がると思って間違いないでしょう。

40代から行動を起したのでは遅すぎて取り返しが

婚活市場では若い女性の方が価値が高いので、30代で結婚を希望している人がいるなら結婚相談所に登録するなり、婚活サイトの会員になるなりアクションを起すべきです。30代半ばまでならまず結婚することは可能ですし、35歳以降であっても30代ならまだ望みがあります。40代になってから後悔しない選択を意識していきましょう。

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら