「私ってもう結婚できない?」そんな不安を解消するための結婚・婚活情報メディアです。婚活サイトや結婚相談所の利用はどうなの?35歳40歳以上の女性への情報も盛りだくさん。実は男性の婚活にも活用できます

【実体験1】ゼクシィー縁結びカウンターに無料相談の予約をしてみた【評価・口コミ】

自分は37歳の事務系の仕事をしているOLです。

今回話して行こうと思っているのは「ゼクシィ縁結びカウンター」を利用した時の感想についてです。

時系列ごとに4記事に分割して書いてみたので、興味があれば好きな順番で読んでみてください。

【実体験2】ゼクシィ縁結びカウンターの無料相談で言われたこと

【実体験3】ゼクシィ縁結びカウンターで男性とデートするまでのカウンセラーとのやりとりの話

【実体験4】ゼクシィ縁結びカウンターの男性の質とデートを重ねてみて思ったこと

この記事の結論

結論からいうと、公式サイトから得られる情報が少ないかなと感じました。

私が「ゼクシィー縁結びカウンター」を知った経緯

自分自身、仕事ばかりの日々を送っていた、ごく普通の女だと客観的に見てそう思っているんですが、そんな私が「ゼクシィ縁結びカウンター」という存在を知ったのは「ゼクシィ縁結び」という同じくゼクシィが行っているネット婚活サービスについて調べていた時でした。

 

当時の自分はブライダルネットという婚活サービスに登録して婚活をしていたのですが、1年程度活動していてもうまくいかず、もう一つ何かしらのネット婚活サイトに登録して男性と出会う機会を増やしてみようかと考えているところだったのです。

 

そのような気持ちもあって、ネット婚活サイトの「ゼクシィ縁結び」というサービスに目を付けました。

ゼクシィのサービスについては利用した女性から人気があるという噂を聞いていたのが、その理由になります。

 

そして、「ゼクシィ縁結び」を調べている時に「ゼクシィ縁結びカウンター」のページも一緒に見ることになりました。

ゼクシィ縁結びカウンターの公式サイトを見た時に思ったこと

最初に、ゼクシィ縁結びカウンターの公式サイトを見た時は正直あっさりしすぎではないかと感じたのを覚えています。

たしかに絵などもたくさん入っていて分かりやすいのですが、公式サイトの情報量は非常に少ないように感じました

 

ただ、公式サイトのフレーズの中に「結婚相談所を利用する人は本気度が高いので、成婚につながりやすい」という内容がありましたが、このフレーズには「そうかも。」と感じさせられるものがありました。

 

ブライダルネットなどの婚活サイト全体の問題が・・・

今まで使っていたブライダルネットは、かなり出会えるサイトではありました。

 

このブライダルネットを使い始めるまでは全く、会社や私生活でも出会いがなかった私ですが、このブライダルネットを使い始めてからは毎週末に男性と出会えるようになりましたね。

しかし、男性と出会えるといっても大半の女性についてはメッセージ交換で終わってしまうケースがほとんどです。

 

ブライダルネット以外の婚活サイトだともっと酷くて、実際に会った男性達の結婚への本気度が低い感じを受けていました。

結婚というよりも「彼女が欲しい」「ちょっと女友達が欲しい」、酷いケースになると「会って食事からホテルに連れ込もうとしてる気が・・・」と、こちらが勘ぐってしまうようなケースもありました。

しかし、ブライダルネットも無料ではなく有料のみになったので、大きく改善されているのではと思います。

 

3000円以上のお金を払ってまでふざける人もそう多くないでしょう。

ゼクシィ縁結びカウンターもお金は数万円するので、結婚の本気度が低い人はそもそも登録しずらいのが良かったです。

男性の量よりも質を重視したい場合には相談所の方が・・・

ただ、ブライダルネットというネット婚活サービスはネット婚活では、かなり本気度が高い人が登録しているサイトとして有名なものでした。

そのようなネット婚活サービスでも「結婚への本気度」という点では結婚相談所に到底勝てません。

「お金の掛かる金額=結婚への本気度」といってもいいでしょう。

高すぎる結婚相談所は利用はできませんし、感覚がずれている人も多いと思ったので、ゼクシィ縁結びカウンターは安パイでした。

 

ただ、実はネット婚活サービスとともに同時並行で楽天オーネットという結婚相談所系のサービスを利用していた時がありました。

<その詳細はこちら→>【実体験1】オーネットの無料カウンセリングを予約してみた【感想・評判】

 

この楽天オーネットで非常に高い入会金を払った上に、満足できるようなサービスを受けられなかったことで、結婚相談所系のサービスには抵抗感を持っていました。

しかし、婚活を量より質に転嫁しようと考えて、ゼクシィ縁結びカウンターという結婚相談所系のサービスを利用してみようかという気になったんです。

ゼクシィー縁結びカウンターの無料相談へ申し込んでみた

「思い立ったら吉日」という言葉がある通りに早速インターネット上で無料相談の予約を入れました。

私はせっかちなタイプでいいなと思ったものはすぐ話を聞きたくなるタイプだったので、資料請求などはせずに、すぐに予約を入れました。

 

その時点では、その週の週末にすぐゼクシィ縁結びカウンターに出向いて相談を受けたいと考えていました。

【合わせて読みたい】ゼクシィ縁結びカウンターの初予約の仕方を画像解説

ゼクシィ縁結びカウンターは予約でいっぱいだった!?

しかし、ネット上で予約の日程を確認したところ、自分の会社の最寄り駅の新宿駅はもう予定がいっぱいになっていて、早くても4週後の無料相談になるという状態でした。

 

平日の夕方などは空きがあるようだったのですが、19:00までしか相談を受け付けていませんでした。自分は仕事の関係もあり、その時間には、とても会社を退社することはできません。

 

そのため、4週後の土曜日の昼間に予約を取っておきました。

ゼクシィ縁結びカウンター担当者からの連絡

ゼクシィカウンター

ただ、フリースペース(問い合わせの備考)のようなところに「空きがあったら連絡してほしい」旨を書いておいたところ、5日後くらいにゼクシィ縁結びカウンターの担当者から電話があり、

その週の土曜日の午前中の無料相談の予約がキャンセルになったので空いた旨の連絡を受けました。

 

その場で予約を入れて、その週の土曜日にゼクシィ縁結びカウンターで無料相談を受けることになりました。

こうして実際にその週の週末にゼクシィ縁結びカウンターでの無料婚活相談に出向いてみることになったんです。

「しかし、まさかあんなことを言われるとは・・・」

無料相談の内容は次の記事に続きます。

<詳細はこちら→>【実体験2】ゼクシィ縁結びカウンター無料相談のカウンセラーの態度について

 

この著者の関連記事

【実体験3】ゼクシィ縁結びカウンターで男性とデートするまでのカウンセラーとのやりとりの話

【実体験4】ゼクシィ縁結びカウンターの男性の質とデートを重ねてみて思ったこと

 

 

【実体験その1】オーネットを知って、無料カウンセリング体験に行ってみた感想

【実体験その2】オーネットで紹介される男性が個人的にキツかった話

【実体験その3】オーネットで紹介された男性とデートを重ねてみた結果

【実体験その4】オーネットの掲示板で知り合った男性とデートするまでの話

著者プロフィール

名前;キナ

性別:女性

結婚した年齢:36歳

備考:ブライダルネットやゼクシィ縁結びカウンターなど、複数の婚活サービスを体験してきました。その経験を生かして情報をシェアできたらなとおもっています。

 

関連記事

最新記事一覧

管理人

スクリーンショット 2015-08-02 9.43.29

管理人=月子
年齢=現在39歳。結婚は36歳。

三十路を過ぎてから私もそろそろ結婚したいなと思うようになり、婚活サイトを利用して今の旦那と出会いました。

私のように三十路を過ぎてから結婚したい!
と思っても結婚相手がちゃんと見つけるにはどうしたらいいのか?といった情報を入手できるサイトがあまりなくて、だったら私が作れないかなと思って、この【晩婚のススメ】を運営し始めました。

現代の女性は昔ほど婚活サイトへの偏見はなくなってはいますが、それでもまだ婚活サイトの魅力を多くの女性は見落としている気がします。

若い人なら、婚活サイトを使わなくても出会いはあると思いますが、30代を過ぎてくると職場と家の往復で「出会い」なんてそうそうないですよね?もろ私がそうでした・・・。
寂しさのあまり帰り道に見かけた猫に話しかけたりなんてしょっちゅうでした><

それで結婚に絶望的になっちゃうんですが、婚活サイトは少ない労力で理想の男性を見つけられるので、やってみると分かる便利さがあります。私はブライダルネットで今の旦那と出会いましたから。

結婚相談所は確実に早く結婚したい場合には婚活サイトよりも有効です。私の友達M美が36歳の時に結婚相談所のおかげで素敵な男性と出会えたらしいです。
その時、利用したのがゼクシィ縁結びカウンターだったらしく、値段が高い=成婚率が高いわけではないんだなーと感じました。

実は私の父も結婚相談所を利用して結婚していますので、私にとってはとても身近な存在です。

しかし、父から話を聞いてみても感じるのですが、最近の結婚相談所は手頃な価格なのに、サービスも良い所が増えましたね。
もう昔とは違うなーって感じてます。

このサイトも婚活サイトや結婚相談所の体験談を募集していますので、一読してもらって利用してみるかどうするか参考になればうれしく思います!