【不安】料理が苦手・嫌いな30代女性だと結婚できないのか?

料理が苦手だと結婚できないのか?

女性なら誰もが家事が得意という訳ではありません。特に料理というのはその料理によって味付けや調理法が異なるので苦手という人が結構多いのではないでしょうか?そして料理が得意でなくても結婚したら料理を作らないといけない。苦手だから結婚出来ないかもと思っている女性がいるかもしれません。ですが共働きが当たり前になった現代社会においては料理が苦手でも婚活に何ら支障はないと言えます。

宅食サービスについての紹介

何故なら今の社会には女性が料理を作らなくても、コープ・ワタミといった宅食の料理配達サービスが行われています。それにお弁当屋さんやスーパーマーケットの惣菜で購入するという手もあり、食の多様化によって自分で作らなくても食事にありつけることが出来るのです。

食材配達サービスについての紹介

少しなら料理が出来るという人ならイトーヨーカドーが行っている食材配達サービスを利用するのも1つの手ですし、女性だって職を持っているのですから省ける手間は省いてもいいと言えますし、そもそも女性が家事をするのが当たり前という風潮がおかしいのです。専業主婦の場合はまだしも、男性と同様に社会で働きながら出産、家事、子育てとそれでは女性の負担が大きすぎます。

 

イエコックのサービスについての説明

そんな女性の負担を減らし、料理を全くしないで済む方法も存在します。イエコックの3日分作り置きプランなら栄養バランスを考えた食事を3食分作り置きしてくれて9980円なら共働きの家庭なら支払えない額ではないと言えます。他にも食材買い置きプランやレシピ付きの食材提供プランなどが存在するので自分にとって最適のプランを選べばいいと言えますしイエコックは他者と比較してコスパがいいのが特長です。

 

料理上手な男性を探す

他にも料理が得意な相手を探すというのも1つの手ですし、2人とも料理が出来ないのなら休日に2人で一緒に料理をしながら適正がある方が料理を作る割合を増やしていけばいいと言えます。そしてその代わり掃除や洗濯を請け負うなどしてバランスをとればいいのです。男性だからとか女性だからといった役割分担ではなく、それぞれの得意なことでカバーしていくのが現代における夫婦のあり方だと言えるでしょう。

事前に料理が苦手なことを伝えておけば問題はない

 

料理が苦手という意識が強い人は、結婚相談所に登録する時にその旨を担当の方に伝えておけば問題ないと言えます。そうすれば料理が苦手なことを理解した上でお付き合いできる人を紹介してもらえます。実際に会う前に篩いをかけて、料理が出来るかどうかより性格や相性といったモノを重視する人と出会うことが出来るのですから料理が苦手なことも悪くはないと言えるのではないでしょうか。

 

 

年収が安定した人と結婚したい場合はこちら

ゆっくり彼氏を見つけたい場合はこちら